マイクロソフト、2012年5月の月例パッチを公表 & OSシェアランキング 

日本マイクロソフトは、5月の月例セキュリティ更新プログラムを公表しました。

5月は、最大深刻度が4段階で最も高い「緊急」となる3件を含む計7件となります。
9日に公開する予定で、Windows Updateで更新できます。


以下、Sky7 1982(全部門)の4月OSシェアです。

その他:多くがフィーチャーフォン
※データは、NINJA TOOLSより
前回:2012年3月のデータ

パソコンが年度末や新生活シーズンで、とにかくよく売れる3月を終え、XPパソコンから7パソコンへの買い替えが進んだようで、4月はWindows 7がWindows XPを突き放しました。
最新パソコンを紹介している=XPユーザーが多めなので、もう少し接戦(XPの逆襲)を予想していたのですが、XPパソコンの買い替えタイミングが、一気に到来したのかもしれませんね。

地デジ化でテレビを買い換えて、スマホが流行っているから買い換えて、次何か買い換えたい時に、パソコンも古く遅いからそろそろ買い替えといった感じでしょうか。

ちなみに、薄型テレビの値崩れほどPCは値崩れしてなかったり、店頭(カタログ)モデルは不要な機能やソフトを満載して高い価格を維持していたりします、
直販モデルではソニーのVAIOが4万円台で買えたりします。しかも、CPUは低スペックなCeleronではなく、必要十分なCore i3で4万円台です。

5月は、2012年夏モデルが続々と発表されているので、型落ちで半値近い2012年春モデルが狙い目です。