マイクロソフト、「Windows RT」搭載端末のOEMメーカーを追加発表! 

マイクロソフトは、公式ブログで、ARM版Windows「Windows RT」搭載端末を製造するOEMメーカーを新たに発表しました。

Microsoftの「Surface RT」と台湾のASUS「ASUS Tablet-600(Windows RT)」の2メーカーに加え、韓国のサムスン電子、中国のレノボ、アメリカのデルから発売されることになります。

なお、アメリカのHP、台湾のエイサー、日本のNEC、富士通、ソニーなどについては、不明です。
東芝は、Windows 8搭載モデルに集中し、Windows RT搭載モデルはしばらく発表しないとの事です。

Windows RT搭載端末の初モデルは、Windows 8と同じく、10月26日発売予定です。

10月26日発売のWindows 8世代では、従来型PCでは有名なインテルのCoreプロセッサーやAtomなどx86系CPU向けの「Windows 8」と、
Androidタブレットでお馴染みのNVIDIA Tegra 3などARMアーキテクチャ向けの「Windows RT」があり、今回は製造できるメーカーが限られる「Windows RT」の発表となります。

以下、「Windows 8」と「Windows RT」を搭載するモデルが発表(日本では秋冬モデルなどとして発売?)されているので、ThinkPad Tablet 2は詳細スペック後日発表ですが、ちょうど良く比較できます。


ASUS Tablet 600(Windows RT)



Lenovo ThinkPad Tablet 2 Powered by Windows 8
Windows RT搭載タブレットは、未知数で良く分かりませんが、アプリの充実次第でしょうかね。

Windows 8搭載タブレットでは、PCのように動画再生しつつ、インターネットを見るといった従来型のPCでは当たり前のことが出来ると思われるので、少し期待です。
ただ、価格はARM版と違い、それなりに高いでしょうかね。

なお、従来型のノートパソコンやデスクトップパソコンも、Windows 8ではスタート画面が上記のようにタイルUIになりますが、従来型のデスクトップも残されています。