富士通、TV機能が大幅強化された液晶一体型PC「ESPRIMO FHシリーズ WF1/K」 

富士通は、「ESPRIMO FHシリーズ WF1/K」を発売します。
icon icon
ESPRIMO FHシリーズ WF1/K icon
(21.5型・スタイリッシュAVPC)

ESPRIMO FHシリーズ WF1/Kの特徴
・液晶TV並の広視野角「フルフラットファインパネル IPS液晶」を採用
・高強度とデザイン性を実現するアルミダイキャストをフットに採用
・場所を選ばずスッキリ置ける、省スペース&軽量ボディー
・3波デジタル、クイックテレビを搭載可能
・高速処理と高いグラフィック性能を実現するインテル最新CPUを搭載
・高速でデータ転送できるUSB3.0ポートを3つ装備

レビュー
21.5型フルHD液晶を搭載するデスクトップパソコンです。

FH(21.5型)シリーズは、富士通の主力シリーズで、省スペースなボディデザインと、据え置きA4ノートより大きな液晶が魅力です。現在、A4ノートを使っていて、ほとんど移動させていなくて、固定スペースが用意できそうなら、魅力的な選択肢の一つとなり得ます。

富士通直販WEB MART限定のカスタムメイドモデルWF1/Kでは、ハイスペックなCore i7や16GBメモリ、3TB HDD、ブルーレイディスクドライブなどのハイスペックや、
Core i3やDVDスーパーマルチドライブに抑えるなど、予算や用途に応じてカスタマイズして購入することが出来ます。
また、テレビ機能が不要な場合などに、「テレビなし」を選択できるのも魅力となります。

2013年春モデルでは、選択できる「TV機能」が、ダブル録画/W-AVCREC対応、クイックテレビに強化されています。

そして、選択できる「Office」が、2月7日発売の「Office 2013」に刷新されています。
なお、Office「なし」も選択できます。

また、選択できるCPUが、1月発表の最新モデルのCore i3-3120MとCore i5-3230Mに強化され、新たにハイスペックなCore i7が登場しています。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO FHシリーズ WF1/K icon
(21.5型・スタイリッシュAVPC)