東芝、テレビ機能強化×新世代ハイブリッドライブ搭載AVノート「dynabook Satellite T752(Core i3・2013年春モデルPC)」 

東芝は、「dynabook Satellite T752(Core i3)」を発売します。

dynabook Satellite T752
(T752/WVJHB)
(15.6型・スタンダードAVノートPC)

dynabook Satellite T752(Core i3)の特徴
・地上デジタルTVチューナーを搭載
・見やすい番組表などテレビ視聴が便利に「dynabook TV Center」を搭載
・大容量と高速アクセスを両立した「新世代ハイブリッドドライブ」を搭載
・抗菌対応のタイルキーボードを採用
・タッチパネルのように使える「大型クリックパッド」を搭載
・超解像度技術<レゾリューションプラス>を搭載
・harman/kardonステレオスピーカーを搭載

レビュー
15.6型ワイド液晶を搭載するノートパソコンです。

T752(Core i3)は、手軽に地デジを視聴できるのが魅力となるモデルです。

東芝ダイレクト限定のWebオリジナルモデルでは、店頭モデルが遅い「HDD」搭載のみであるのに対して、高速な「新世代ハイブリッドドライブ」が搭載されます。
また、高額なMicrosoft Officeを省いた低価格モデルも選択できます。

2013年春モデルでは、新世代ハイブリッドドライブが標準搭載され、OSやアプリの高速起動と、大容量を両立しています。
また、テレビ機能も強化され、東芝の液晶テレビ「REGZA(レグザ)」の技術が導入されています。

そして、Microsoft Office搭載モデルで、2月7日発売の「Office 2013」に刷新されています。

詳細・購入はこちら
dynabook Satellite T752
(T752/WVJHB)
(15.6型・スタンダードAVノートPC)