NEC、最後のWindows 7搭載PC「VALUESTAR G タイプL(2012年夏PC)」 

NECは、「VALUESTAR G タイプL」を発売します。

VALUESTAR G タイプLの特徴
・「Windows 7 Professional SP1 正規版」を選択可能
・高性能CPU「第3世代 インテル Core i7-3770S プロセッサー」を選択可能
・高速起動のSSD+ハードディスクドライブを選択可能
・グラフィックアクセラレータ 「NVIDIA GeForce GT 435M」を選択可能
・2つのサイズの「高解像度ディスプレイ」や「ディスプレイ無し」を選択可能

レビュー
インテル製CPUを搭載するスリムタワーパソコンです。

VALUESTAR Lは、国内大手では富士通のESPRIMO DGと並ぶ数少ないセパレート型デスクトップPCで、デスクトップ向けのテクノロジーを採用しているので、高い処理性能を有しています。

仕様が固定される量販店向けのカタログモデル「VALUESTAR L」と違い、「NEC Direct」限定のカスタマイズモデル「VALUESTAR G タイプL」は、直販モデルの大きな魅力として、Windowsやアプリケーションを高速起動できる約128GB SSD+HDDを選択できます。

また、「ディスプレイなし」を選択できるのが大きな魅力で、すでにディスプレイを所有している場合や、自分好みの液晶を別に購入する場合など、価格を抑えて購入することが出来ます。

ここで紹介しているモデルは、Windows 7を搭載する2012年夏モデルとなります。