東芝、Windows 7搭載2013年夏モデルパソコン「dynabook Satellite B353」 

東芝は、「dynabook Satellite B353」を発売します。

dynabook Satellite B353
(B353/25J,B353/23J,B353/21J)
(15.6型・スタンダードノートPC)

dynabook Satellite B353の特徴
・Windows 7 Professional 搭載モデルを選択可能
・光沢感のある新デザインを採用
・インテルCPUを搭載
・ホワイトモデルのキーボードには、抗菌タイルキーボードを採用
・19mmピッチを確保したフルサイズテンキーを搭載

レビュー
15.6型液晶を搭載するノートパソコンです。

東芝ダイレクトのWeb限定モデルとなるB353は、CPUにCeleron、Core i3、Core i5の3種類から選択できるシリーズで、ビジネスにも適するシンプルなデザインが選択する上でのポイントとなります。
なお、Celeron ULV847は明確に劣るので、無難な選択肢はCore i3以上と言えます。

また、個人向けなので、エンターテイメント系など多種多様なソフトがプリインストールされています。

2013年夏モデルでは、光沢感のある『新デザイン』に刷新しています。
また、CeleronモデルのHDD容量が春モデルの320GBから500GBに強化され、HDMI出力端子を新搭載しています。

そして、8/22に『Windows 7 Professional 搭載モデル』が追加発売されました。
国内大手メーカーの個人向けの最新モデルで、唯一のWindows 7搭載PCとなるので、中古ではなく新品のWindows 7モデルを欲していた方には、魅力的な選択肢と言えます。
※Windows 7搭載モデルが追加されたため、B353が唯一では無くなりました。

詳細・購入はこちら
dynabook Satellite B353
(B353/25J,B353/23J,B353/21J)
(15.6型・スタンダードノートPC)

サイト内
東芝 一覧