東芝、タッチ×専用グラフィックス搭載可能主力ノートPC「dynabook Satellite B754(2013年秋冬モデルパソコン)」 

東芝は、「dynabook Satellite B754(Core i7)」を発売します。

dynabook Satellite B754/89K
(タッチ対応・GT740M・1.5TB HDDモデル)
dynabook Satellite B754/88K
(タッチ対応・GT740M・ハイブリッドドライブモデル)
dynabook Satellite B754/78K
(タッチ非対応・GT740M・ハイブリッドライブモデル)
dynabook Satellite B754/56K
(タッチ非対応・インテルHD・ハイブリッドライブモデル)
(主力スタンダードノートPC)

dynabook Satellite B754(Core i7)の特徴
・第4世代インテルCore i7-4700MQプロセッサーを搭載
・直感的に操作できる、静電容量式タッチパネルを選択可能
・大容量と高速アクセスを両立する、1TBハイブリッドドライブを選択可能
・映像をよりリアルにダイナミックに、NVIDIA GeForce GT740Mを選択可能
・名門オーディオブランド、オンキヨー製ステレオスピーカーを搭載
・抗菌処理を施した、抗菌タイルキーボードを搭載
※特徴は、選択するモデルにより異なります。

レビュー
15.6型ワイド液晶を搭載するノートパソコンです。

B754は、ベーシックな15.6型(1366×768ドット)液晶を搭載する、東芝の主力スタンダードノートPCで、タッチパネルの有無やGeForceの搭載など、4タイプから購入できます。
また、それぞれに、高額なMicrosoft Officeを省き、価格を抑えたモデルも購入できます。

2013年秋冬モデルでは、大容量1.5TB HDD(ハイブリッドドライブではないので特有の遅さあり)を搭載する「B754/89K」が追加され、下位の「B754/56K」にもハイブリッドドライブが搭載されます。

そして、OSが次世代Windows 8.1に刷新され、無線LANが最新のIEEE 802.11acに対応します。
また、4K対応液晶テレビが必須ですが、東芝秋冬モデルの目玉機能「4K出力」にも対応します。

詳細・購入はこちら
dynabook Satellite B754/89K
(タッチ対応・GT740M・1.5TB HDDモデル)
dynabook Satellite B754/88K
(タッチ対応・GT740M・ハイブリッドドライブモデル)
dynabook Satellite B754/78K
(タッチ非対応・GT740M・ハイブリッドライブモデル)
dynabook Satellite B754/56K
(タッチ非対応・インテルHD・ハイブリッドライブモデル)
(主力スタンダードノートPC)