東芝、フルHD液晶×Windows 7搭載ビジネスノートパソコン「dynabook R654」 

東芝は、「dynabook R654」を発売します。

dynabook R654/W6K
(15.6型・フルHDモデル)

dynabook R654の特徴
・15.6型ワイド フルHD(1920×1080ドット) TFTカラーLED液晶を搭載
・軽さ約1.75kg、最薄部約15.9mmの薄型・軽量ボディ
・業界最長クラス約15時間のバッテリー駆動を実現
・安心して連れ出せる強さ、耐久性、信頼性を実現
・快適な操作性を追求
・様々な周辺機器と接続可能

レビュー
15.6型液晶を搭載するノートパソコンです。

法人向けPCのR654は、2013年秋冬モデルより、東芝直販限定で個人でも購入できる『個人向けPC』として発売され、薄型、軽量、堅牢、長時間動作を重視しています。

そして、基本が法人向けモデルなので、Windows 8.1 Pro ダウングレード権行使による「Windows 7 Professional」が、出荷時にインストールされています。
なお、1366×768ドットではなく、フルHD(1920×1080ドット)となります。

搭載されるソフトウェアも、基本が法人向けなのでシンプルです(年賀状作成ソフトなどは搭載されません)。また、多くの個人向け同様に、Microsoft Officeを省いたモデルも、用意されています。

2013年秋冬モデル第四弾では、第4世代Core i7-4600U vPro、256GB高速SSDを搭載し、4K出力、次世代無線LAN規格11acに対応します。
第4世代Coreにより、最大15時間の長時間バッテリー駆動を実現しています。

詳細・購入はこちら
dynabook R654/W6K
(15.6型・フルHDモデル)

サイト内関連リンク
東芝 最新モデル一覧