マイクロソフト、2014年3月の月例パッチを公表 & 2月OSシェアランキング 

日本マイクロソフトは、2014年3月の月例セキュリティ更新プログラムを公表しています。

2014年3月は、最大深刻度が4段階で最も高い「緊急」の2件を含む、計5件となります。
12日に公開する予定で、Windows Updateで更新できます。


以下、Sky7(全部門)の2014年2月OSシェアです。

※Windows NT6.3は、最新の「Windows 8.1」
※データは、NINJA TOOLSより
前回:2014年1月のデータ

2月のデータでは、長らく2位の座を守り続けた『XP』が4位まで落ちたのが大きな変化で、
4月9日(日本時間)のサポート終了まで1ヶ月前近くで、「Windows XPサポート終了」という事が浸透してきたという事でしょうかね。

なお、「サポートなど受けた覚えが無い」という方もおられるでしょうが、上記のような「セキュリティ更新プログラム」が、特例で長期間サポートとなったXPでは12年以上無償提供され、日々進化する悪意ある攻撃から守られてきました。

ちなみに、ご自身の使われているPCのOS(Windows)のバージョンが分からない方は、
Windows XP と Office 2003 のサポートがまもなく終了します
上記ページ(マイクロソフト公式WEBサイト)下部の『Windows のバージョンを判定する』で確認できます。

また、Windows XP限定で、3月9日からサポート終了を知らせる「ダイアログボックス」が、1ヶ月おきに表示されます。