NEC、新CPU・Core i5-4590(Haswell Refresh)搭載デスクトップパソコン「VALUESTAR G タイプL(2014年夏モデルPC)」 

NECは、「VALUESTAR G タイプL」を発売します。
VALUESTAR G タイプLの特徴
・ビジネス用途の機能を加えた「Windows 8.1 Pro Update」を選択可能
・第4世代 インテル Core i7 プロセッサーを選択可能
・32GB(8GB×4 PC3-12800対応)DDR3メモリを選択可能
・グラフィックアクセラレータ AMD Radeon HD 8570グラフィックスを選択可能
・見やすいノングレアで高画質の液晶を選択可能
・「Microsoft Office 2013」の「あり」「なし」を選択可能

レビュー
インテル製CPUを搭載するデスクトップパソコンです。

VALUESTAR Lは、国内大手メーカー『NEC』のデスクトップPCで、デスクトップ向けのテクノロジーを採用しているので、高い処理性能を有しています。
ただし、搭載できるグラフィックスアクセラレータ(GPU)は、エントリークラスまでなので、グラフィックス性能が重要なゲームなどには適しません。

「NEC Direct」限定販売の「Gシリーズ タイプL」は、4コア/8スレッドCPUのCore i7-4790、大容量32GBメモリ、約4TB HDD、AMD Radeon HD 8570、ブルーレイ、23型ワイド液晶など、ハイエンドなカスタマイズから、
Core i3-4150、4GBメモリ、500GB HDD、DVDスーパーマルチ、マイクロソフト・オフィスなしなどで、価格を抑えるなど、
予算や用途に応じた、幅広いカスタマイズに対応します。

また、「ディスプレイなし」を選択できるのも魅力で、すでにディスプレイを所有している場合や、自分好みの液晶を別に購入する場合など、価格を抑えて購入することが出来ます。


2013年秋冬モデル以来のモデルチェンジとなる、2014年夏モデルでは、5月11日に販売解禁されたインテルの2014年新CPU「Haswell Refresh」を新搭載します。
2014年のHaswell Refreshでは、2013年のHaswellの動作クロックを100MHz引き上げ、CPU性能が少し向上しています。

ソフトウェアでは、マウス&キーボードでの操作改善が進む「Windows 8.1 Update」を、搭載します。
また、オフィスアプリも最新の「Microsoft Office 2013 Service Pack 1(SP1)」に、刷新されています。

タイプLおすすめ構成「大画面23インチセットモデル」は、CPUにクアッドコアのCore i5-4590、16GBメモリ、3TB HDD、ブルーレイドライブに、23型液晶を標準搭載する、スタンダードなモデルです。