2018年秋冬モデルパソコン、秋モデル、冬モデル、第8世代Core、NEC、富士通、VAIO、東芝、パナソニックを紹介しています。

NEC、Core i7-7567U搭載可能高性能ノートパソコン「LAVIE Direct NS(H)」

※当ページで紹介していた「第7世代Core i7-7567U」モデルは、販売終了。
後継モデルでは、「第8世代Core i7-8750H」を選択でき、2倍強の性能を実現します。

公式ページLAVIE Direct NEXT (Core H シリーズ搭載モデル)

NECは、「U」ばかりで「H」は非採用でしたが、「2018年秋冬モデル」で解禁。
6コアのCore i7-8750Hは、2コアだった第7世代Core Uを圧倒します。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第8世代Core i7-8750H 6コア12スレッド/2.2-4.1GHz:約1090
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約580
第7世代Core i7-7567U 2コア4スレッド/3.5-4.0GHz:約400
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。


NECは、「LAVIE Direct NS(H)」を発売します。

LAVIE Direct NS(H)
(15.6型・プレミアムノート)
特徴
・省電力と高性能を兼ね備えた高速CPU「Core i7-7657U」を選択可能
・性能を大幅強化、Iris Plusグラフィックス650を内蔵(Core i7-7567U選択時)
・高精細かつリアルな映像が楽しめる、4K液晶を選択可能
・4K対応の次世代規格「Ultra HD ブルーレイディスクドライブ」を選択可能
・打ちやすさを追求し、入力時の手首の負担も軽減する、キーボードを採用
・先進のUSBコネクタで、 タブレットやスマホの充電、 高速転送に対応

上位モデル
NEC直販モデル「Direct NS(H)は、上位プレミアム(高価格帯)ノートなので、
基本性能の高さに加え、高画質・高音質、快適性や使いやすさも追求されています。

カスタマイズに対応する「直販モデル」では、Core i5、フルHD液晶、DVDドライブ、Officeなしなどで、最上位筐体のまま、価格を抑える事も可能です。

「第7世代Core i7-7567U」を搭載可能
TDP15WのCore i7-7500Uに対し、省電力性は劣るが、より高性能な「Core i7-7567U(TDP28W)」を搭載可能です。

※さらに省電力性は劣るが、圧倒的に高性能な「Hプロセッサー(TDP45W)」もありますが、第7世代Coreでは採用せず。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:約730
第7世代Core i7-7567U 2コア4スレッド/3.5-4.0GHz:約400
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約345
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

詳細・購入はこちら
LAVIE Direct NS(H)
(15.6型・プレミアムノート)