2018年秋冬モデルパソコン、秋モデル、冬モデル、第8世代Core、NEC、富士通、VAIO、東芝、パナソニックを紹介しています。

富士通、クアッドコアで大幅性能向上・第8世代Core搭載モバイルノートPC「LIFEBOOK WS1/B3」

富士通は、「LIFEBOOK WS1/B3」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WS1/B3 icon
(13.3型・全部入りモバイルノート)
特徴
・クアッドコアの第8世代Core i7/i5搭載により、処理速度が向上
・HDDに比べ約5倍の高速処理、SSDを搭載
・安心・快適、長時間駆動のバッテリを搭載
・マグネシウム合金採用「超圧縮ソリッドコア」構造の堅牢ボディー
・360°どこから見ても美しいオムニデザイン
・写真や動画を鮮やかに表示できるWQHD液晶を選択可能

レビュー
直販モデル「WS1/B3」は、薄型・軽量ボディにドライブを内蔵できる「モバイル・マルチベイ構造」と、一日中使えるバッテリー駆動時間が魅力となる、全部入りモバイルノートです。

直販モデル限定で、上位Core i7、20GB/12GBメモリ、大容量SSD、ブルーレイドライブなど、ハイスペックなカスタマイズに対応します。

なお、タッチパネル液晶が不要なら、「タッチ非対応ノングレア液晶」も、選択できます。

2017年10月モデルでは、第8世代Coreに刷新
2コアだった「第7世代Core U」に対し、4コア化した「第8世代Core」に刷新しています。
コア数増加により、マルチスレッド性能が、大幅向上しています。

そして、USB3.1(Gen 1)Type-Cを、新規搭載します。
また、下位構成でも、振動や衝撃に強く高速なSSDとなり、モバイルノートとしての魅力が、大きく向上しています。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WS1/B3 icon
(13.3型・全部入りモバイルノート)