富士通、A9-9425/E2-9000 APUから飛躍的性能向上Ryzen3-2300U APU搭載低価格ノート「LIFEBOOK WAB/D1」 

富士通は、「LIFEBOOK WAB/D1(2019年2月モデルPC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WAB/D1 icon
(AMD Ryzen APU・ベーシック)
特徴
・パワフルでコストパフォーマンスに優れた「Ryzen」を搭載
・OS起動などの動作が速い「SSD」を搭載可能
・光学ドライブは、「Bul-ray」と、「DVD」ドライブから、選択可能
・深さ約2.5mmのキーストロークでしっかりと打ち込るキーボード
・縦4列のテンキー付キーボードを採用
・使いやすい、分離型クリックボタン採用

レビュー
直販限定モデル「WAB/D1」は、完全新作「Zenアーキテクチャ」採用の「Ryzen APU」に刷新し、パソコンらしい性能を安価に実現します。

前世代「第7世代APU」は、価格は安いが、あまりに非力(安かろう悪かろう)でしたが、
「Ryzen3」では、安い上に、前世代の上位「Intel Core i7」に迫る性能を実現します。

※Ryzenショックにより、手を抜いていたインテルも、第8世代Coreで劇的性能向上。
標準スペックが急激に向上しているとは言え、Ryzen3は必要十分と言えます。

CPU性能比較(Cinebench R15)
AMD Ryzen7 2700U 4コア8スレッド/2.2-3.8GHz:約620
第8世代Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:約560
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約340
AMD Ryzen3 2200U 2コア4スレッド/2.5-3.4GHz:約310
AMD A9-9425 2コア2スレッド/最大3.7GHz:約140
AMD E2-9000 2コア2スレッド/最大2.2GHz:約80
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2019年2月モデルでは
「2018年6月モデル」以来、約8ヶ月ぶりのモデルチェンジとなり、
「AMD Ryzen」への刷新により、前モデルから飛躍的性能向上を実現します。

そして、「Microsoft Office」が、最新版「2019」となっています。
※直販モデルなので、Officeなしを選択でき、2万円以上安価に購入可能。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WAB/D1 icon
(AMD Ryzen APU・ベーシックノート)