日本メーカー、第9世代Core/新・第8世代Core搭載 

日本メーカーの「第9世代Core/新・第8世代Core」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

更新情報:1/15
パナソニックを、2019年春モデルに更新しました。

Uプロセッサー:CPU性能比較(Cinebench R15) マルチ・シングル
第8世代Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:約560・175
第8世代Core i5-8265U 4コア8スレッド/1.6-3.9GHz:約540・165
第8世代Core i3-8145U 2コア4スレッド/2.1-3.9GHz:約335・160
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約560・165

新・第8世代CPU『Whiskey Lake』
1年振りの新CPUですが、第9世代Coreではなく、『第8世代Core』として、発売。
PCHを刷新する世代となり、USB3.1 Gen2を始め、機能が強化されます。

発売日:2018年Q3
富士通に続き、2019年春モデルでパナソニックも発表。
※その他メーカーも、春モデル・夏モデルの時期に投入見込み。

Whiskey Lake-U搭載パソコン
icon icon
LIFEBOOK WU2/C3 世界最軽量モデル icon
LIFEBOOK WU2/C3 軽量モデル icon
(13.3型・第8世代Core・プレミアムモバイルノート)

レッツノートSV8
(12.1型・高速ハイパフォーマンスPC)


※その他メーカー・製品は、2017年発売の旧・第8世代Coreを搭載中。
関連ページ:日本メーカー、第8世代Core搭載パソコン

Yプロセッサー:CPU性能比較(Cinebench R15)
第8世代Core i7-8500Y 2コア4スレッド/1.5-4.2GHz:約280
第8世代Core i5-8200Y 2コア4スレッド/1.3-3.9GHz:約260
第8世代Core m3-8100Y 2コア4スレッド/1.1-3.4GHz:約220
第7世代Core i7-7Y75 2コア4スレッド/1.3-3.6GHz:約255

2年振りに世代交代
2-in-1PC向けCPUで、「第7世代Core」からの世代交代となり、最大動作クロックの向上により、着実な性能向上を実現します。

発売日:2018年Q3
日本メーカーでは、VAIOから発売開始です。
2019年春モデルで、パナソニックも発売開始。

Amber Lake-Y搭載パソコン
icon icon
VAIO A12 VJA1211 icon
VAIO A12 | ALL BLACK EDITION icon
(第8世代Core他・12.5型オールラウンダーPC)

レッツノートRZ8
(10.1型2-in-1モバイルPC)



以下、ゲームパソコン、自作ユーザー向けの「K」付CPUとなります。
NEC、富士通のデスクトップPCが、搭載する事はないと思われます。

Sプロセッサー:CPU性能比較(Cinebench R15)
第9世代Core i9-9900K 8コア16スレッド/3.6-5.0GHz:約2020
第9世代Core i7-9700K 8コア8スレッド/3.6-4.9GHz:約1510
第9世代Core i5-9600K 6コア6スレッド/3.7-4.6GHz:約1070
第8世代Core i7-8700K 6コア12スレッド/3.7-4.7GHz:約1430

世界最速のゲーム用プロセッサが登場
最上位Core i9-9900Kは、前世代Core i7-8700K比で、メジャータイトルの人気ゲームで最大10%の向上を実現し、世界最速のゲーム用プロセッサを謳います。

発売日:2018年Q4
10月18日(木)発売開始となります。

CoffeeLake Refresh搭載パソコン
※発売確認中


関連ページBTOメーカー、第9世代Core搭載デスクトップPC
BTOメーカーでは、多数の第9世代Core搭載デスクトップPCが、発売中です。