Dynabook、Windows10Pro搭載30周年記念ノートPC「dynabook GZ63/M(2019年春モデルPC)」 

Dynabook(旧東芝)は、「dynabook GZ63/M(2019年春モデルPC)」を発売します。

dynabook GZ63/M
(13.3型・Windows 10 Proモデル)
特徴
・クアッドコアの第8世代Core i5プロセッサーモデルを選択可能
・最軽量モデルは、13.3型で約779gを実現
・軽量で剛性も高いマグネシウム合金ボディを採用
・鮮やかで豊かな色彩表現、SHARP製IGZO液晶モデルを選択可能
・コンパクトボディに、充実の拡張性を実現
・30分でバッテリー駆動約8時間の急速充電を実現

レビュー
新登場「dynabook Gシリーズ」は、dynabookブランド誕生30周年記念モデルとなり、
軽量、堅牢、駆動時間、拡張性、セキュリティの全てを追求し、唯一無二を目指します。

直販モデル「GZ63/M」は、Core i7に近い性能を安価に実現「Core i5」モデルと、
時代遅れと言える2コアだが、さらに安価な「Core i3」モデルから、選択できます。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約560
第8世代Core i5-8250U 4コア8スレッド/1.6-3.4GHz:約540
第8世代Core i3-8130U 2コア4スレッド/2.2-3.4GHz:約335
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

型番末尾「M」では
型番末尾「J」は、一般ユーザー向け『Windows 10 Home』ですが、
「M」は、スモールビジネス向けとなり、上位版『Windows 10 Pro』を搭載します。

詳細・購入はこちら
dynabook GZ83/M(大容量モデル)
dynabook GZ73/M(Core i7モデル)
dynabook GZ63/M(Core i5/i3モデル)
(13.3型・Windows 10 Proモデル)