Dynabook、4コア高性能第8世代Core i7/i5搭載可能 堅牢モバイルノート「dynabook UZ63/M(2019年春モデルPC)」 

Dynabook(旧東芝)は、「dynabook UZ63/M(2019年春モデルPC)」を発売します。

dynabook UZ63/M
(13.3型・堅牢モバイル)
特徴
・動画変種などもスムーズ、クアッドコアの第8世代Coreを搭載
・軽く、薄く、さらに長時間バッテリー駆動を実現
・簡単&安全にサインインできる指紋センサーを搭載
・アメリカ国防総省制定MIL規格に準拠したテストを実施
・Thunderbolt 3やUSB3.1(Gen2)対応Type-Cコネクタなどを搭載
・色補正済みで自然な色合いが楽しめる、フルHD IPS液晶を搭載

レビュー
直販モデル「UZ63」は、ベーシックなクラムシェル(折畳み)型モバイルノートで、薄さ、軽さ、長時間のバッテリー駆動に加え、堅牢性を魅力とします。

カタログ(店頭販売)モデルは、2コアCore i3、128GB SSD、4GBメモリですが、
4コア第8世代Core i7/i5、512GB/256GB SSD、8GBメモリなど、メインPCにもなる基本スペックとなっています。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第8世代Core i7-8550U 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz:約560
第8世代Core i5-8250U 4コア8スレッド/1.6-3.4GHz:約540
第7世代Core i3-7100U 2コア4スレッド/2.4GHz:約255
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2019年春モデルでは
「Microsoft Office」を、2019年1月発売開始「2019」に刷新し、発売します。
※直販モデルでは、引き続き「Officeなし」の安価モデルも、発売します。

詳細・購入はこちら
dynabook UZ63/M
(13.3型・堅牢モバイル)

関連ページ
東芝 最新モデル一覧