富士通、4コア高性能Core i7-7700HQ/Celeron 3805U搭載可能ベーシックノートパソコン「LIFEBOOK WA1/D1(2019年2月モデルPC)」 

富士通は、「LIFEBOOK WA1/D1(2019年2月モデルPC)」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WA1/D1 icon
(第7世代CPU・ベーシック)
特徴
・優れた性能を有するインテルCore i7-7700HQを搭載可能
・OS起動などの動作が速い「SSD」を搭載可能
・光学ドライブは、「Bul-ray」と、「DVD」ドライブから、選択可能
・深さ約2.5mmのキーストロークでしっかりと打ち込るキーボード
・縦4列のテンキー付キーボードを採用
・使いやすい、分離型クリックボタン採用

レビュー
直販モデル「LIFEBOOK WA1/D1」は、国内大手メーカーとしては、安価な価格を魅力とする下位モデルです。

直販モデルでは、4コアCore i7-7700HQ(TDP45W)を選択でき、TDP15WのCore i7-8565Uを上回るマルチスレッド性能を実現します。
なお、絶対性能重視「H」なので、最大の消費電力や発熱量は大きくなります。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第7世代Core i7-7700HQ 4コア8スレッド/2.8-3.8GHz:約730
第8世代Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:約560
Celeron 3865U 2コア2スレッド/1.8GHz:約140
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

そして、HDD特有の遅さがない「SSD」を選択できるのも、大きな魅力です。

2019年2月モデルでは
直販モデルとしては、1年以上ぶりの(復活)発売となり、
「AH42/D1」をベースに、Core i7やSSDなどを選択できます。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WA1/D1 icon
(第7世代CPU・ベーシック)

関連ページ
富士通 最新モデル一覧