富士通、6コアCore i7-8700・GeForce RTX2080搭載ハイエンドデスクトップPC「ESPRIMO WD-G/D1」 

富士通は、「ESPRIMO WD-G/D1」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WD-G/D1 icon
特徴
・ワークステーションベースの信頼性を実現
・妥協のない高性能、6コアCPU「Core i7-8700」を搭載
・HDD比で約12倍高速、SSD(NVMe)を標準搭載
・最新の高性能グラフィックス「GeForce RTX2080 mini」を搭載
・世界最小クラスの省スペース設計ミニタワー筐体を採用
・日本製ならではの信頼と高品質「Made in Japan 伊達モデル」
レビュー
「WD-G/D1」は、最新のPCゲームにも対応出来る、最新ハイエンドグラフィックス「GeForce RTX2080」を搭載する、ハイエンドデスクトップPCです。

CPU内蔵のインテルUHDグラフィックスが標準となる国内大手メーカー製PCでは無理だった、PCゲームの定番「FF15」の推奨動作環境『GTX1060』も余裕を持ってクリアします。

GPU性能比較(3DMark Time Spy Graphics)
GeForce RTX2080約10,700
GeForce GTX1060:約4,000
Intel UHD Graphics 630(Core i7-8700他):約500

ハイエンドモデルらしく、Core i7、超高速SSD+大容量HDD、光学ドライブなど、標準で一通り搭載します。
なお、PCゲーム目的なら、メインメモリは8GBでは足りない場合があり、16GB以上が無難です。

CPU性能比較(Cinebench R15)
第8世代Core i7-8700 6コア12スレッド/3.2-4.6GHz:約1400
第8世代Core i5-8400 6コア6スレッド/2.8-4.0GHz:約950
(2013年)Core i7-4770K 4コア8スレッド/3.5-3.9GHz:約750
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WD-G/D1 icon

関連ページ
富士通 最新モデル一覧