日本メーカー、第3世代Ryzen・第2世代Ryzen Mobile搭載パソコン 

AMDの新世代CPU「Ryzen 3000」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

第2世代Ryzen Mobile:CPU性能比較(Cinebench R15)
Ryzen7 3700U 4コア8スレッド/2.3-4.0GHz:約640
Ryzen5 3500U 4コア8スレッド/2.1-3.7GHz:約600
Ryzen3 3300U 4コア4スレッド/2.1-3.5GHz:約480
Ryzen3 3200U 2コア4スレッド/2.6-3.5GHz:約330
Ryzen7 2700U 4コア8スレッド/2.2-3.8GHz:約620

12nm・Zen+で、バッテリー駆動時間を改善
ノート向け(3200U除く)は、第2世代「12nm・Zen+」とマイナーチェンジのため、
CPU・GPU性能は微増ですが、モバイルで重要なバッテリー駆動時間を改善します。

第2世代Ryzen Mobile搭載パソコン
※発売確認中


2019年1月正式発表済で、海外ではすでに発売中ですが、日本での発売有無は、不明です。
※国内大手メーカーでは、NECと富士通が、Ryzen搭載ノートPCを発売中。

Ryzen Mobile搭載パソコン

LAVIE Direct NS(R)
(NEC)
icon icon
LIFEBOOK WAB/D1 icon
(富士通)

第3世代Ryzen:CPU性能比較(Cinebench R15)
Ryzen9 3900X 12コア24スレッド/3.8-4.6GHz/TDP105W:確認中
Ryzen7 3800X 8コア16スレッド/3.9-4.5GHz/TDP105W:
Ryzen7 3700X 8コア16スレッド/3.6-4.4GHz/TDP65W:(約2100)
Ryzen5 3600X 6コア12スレッド/3.8-4.4GHz/TDP95W:
Ryzen5 3600 6コア12スレッド/3.6-4.2GHz/TDP65W:
Ryzen7 2700X 8コア16スレッド/3.7-4.3GHz/TDP105W:約1800

7nm・Zen2となり、さらなる性能向上
第3世代では『7nm・Zen2』となり、Ryzen7 3700Xは、前世代2700X(12nm・Zen+)比で、シングル15%、マルチ18%の性能向上を、TDP65Wで実現します。

第3世代Ryzen搭載パソコン
※CPU単体の発売日:7月7日(日)

※NECと富士通は、インテルCPU搭載モデルのみ。
Dynabook、VAIO、パナソニックは、デスクトップPC自体発売なし。

第2世代Ryzen搭載パソコン
※未発売