NEC、低性能だが低性能なCeleron 4205U(WhiskeyLake)搭載可能エントリーノート「LAVIE Direct NS (2019年夏モデルPC)」 

NECは、「LAVIE Direct NS (2019年夏モデルPC)」を発売します。

LAVIE Direct NS
(第8世代CPU・エントリーPC)
特徴
・デュアルコア・プロセッサーと大容量ストレージを搭載
・本体厚22.9mm、幅363mm、奥行き255mmのシャープな薄型ボディ
・印字が消えにくい、高耐久性UVコーティングのキーボード
・スイッチ1つでWebカメラが遮断できる、プライバシーシャッターを採用
・汎用性の高いUSB Type-Cポートを搭載
・Webオリジナルカラー「カームシルバー」も選択可能

レビュー
「LAVIE Direct NS (15.6型WXGA液晶モデル)」は、インテルのノートPC向けCPUを搭載する、エントリーノートPCです。

一般的な「フルHD」ではなく、高速化を実現「SSD」も選択できませんが、
必要十分な性能や機能を標準搭載しつつ、安価を実現します。

Celeron 4205U搭載モデルでは
一般的なノートPC向け『TDP15W』の最下位モデルで、2コア2スレッドという前時代的な低性能・低価格CPUです。

なお、6年ぐらい前の「Core」ブランドCPUにも勝てない低性能となり、
「Core」シリーズからの買換えの場合、4スレッドのPentiumが無難な選択肢です。

2019年夏モデルでは
「2018年夏モデル」以来のモデルチェンジとなり、
液晶ベゼルを狭額縁化し、よりスリムとなった新デザインに刷新しています。

CPUも、2019年Q1発売開始で、最新となる「WhiskeyLake」世代のPentium/Celeronに刷新しています。

そして、Microsoft Officeを、最新版「2019」に更新しています。
※直販モデルは、Officeなしを選択可能で、2万円程度安く購入も出来ます。

詳細・購入はこちら
LAVIE Direct NS
(第8世代CPU・エントリーPC)

関連ページ
NEC 最新モデル一覧