日本メーカー、第10世代Core搭載パソコン 

日本メーカーの「第10世代Core」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

Uプロセッサー(Cinebench R15)
第10世代Core i7-1065G7 4コア8スレッド/1.3-3.9GHz/Iris Plus(64 EUs):確認中
第10世代Core i5-1035G4 4コア8スレッド/1.1-3.5GHz/Iris Plus(48 EUs):
第10世代Core i5-1035G1 4コア8スレッド/1.0-3.6GHz/UHD(32 EUs):
第10世代Core i3-1005G1 2コア4スレッド/1.2-3.4GHz/UHD(32 EUs):
(2018年)Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:約560
(2013年)Core i7-4500U 2コア4スレッド/1.8-3.0GHz:約260

※詳細スペックは、リーク情報も含まれるため、非公式情報です。

IceLakeでは、グラフィックス性能を大幅強化
インテルの強みであるCPU性能を維持しつつ、競合のAMDに完敗だった『内蔵グラフィックス性能』を大幅強化。第2世代Ryzenと戦える性能を実現と発表しています。

※CPU性能は、IPC向上も、動作クロックを上げることが出来ず、若干上程度の模様。

第10世代Core搭載パソコン
※確認中

公式な発売日は、「ホリデーシーズン」となり、海外メーカーでは年内発売確定です。
※日本メーカーは、遅い場合も多く、「2019年秋冬モデル」に間に合うか、不明。

第8世代Core搭載パソコン

第8世代Core搭載可能パソコン
(NEC)
icon icon
第8世代Core搭載可能パソコン icon
(富士通)

第8世代Core搭載パソコン
(Dynabook)
icon icon
第8世代Core搭載可能パソコン icon
(VAIO)

第8世代Core搭載可能パソコン
(パナソニック)

「Uプロセッサー」は、第9世代Core未発売のため、第8世代→第10世代になります。
第10世代Coreに対し、CPU性能は勝負できるが、グラフィックス性能は負けます。


Yプロセッサー(Cinebench R15)
第10世代Core i7-xxxxx xコアxスレッド/x.x-x.xGHz/TDP9W:
(2018年)Core i7-8500Y 2コア4スレッド/1.5-4.2GHz/TDP5W:約280

TDP9W化で、CPU性能向上へ
現行の5Wから9Wに引き上げる事で、CPU性能が向上します。
発熱量が増えますが、ファンレスを実現可能とのことです。

第10世代Core搭載パソコン
※確認中

Yプロセッサーも、2019年年内発売が、予定されます。

第8世代Core搭載パソコン

LAVIE Direct NM
(NEC)
icon icon
VAIO A12 icon
(VAIO)

レッツノートRZ8
(パナソニック)

「Yプロセッサー」も、第9世代Core未発売のため、第8世代→第10世代になります。
第10世代Coreに対し、CPU性能も、グラフィックス性能も大きく劣る見込みです。



SプロセッサーとHプロセッサー
※正式発表前

デスクトップPC向けと高性能ノート向けは「第9世代Core」を当面継続
「S」と「H」は、グラフィックス性能よりも、CPU性能が重要なので、
動作周波数を上げられない=CPU性能が高くない「IceLake」での発売予定なし(濃厚)。

デスクトップPCと高性能ノート向けは、2019年中は「第9世代Core」が最新となります。

関連ページ日本メーカー、第9世代Core搭載パソコン
※日本メーカーは、夏モデルでも第8世代Core搭載のため、未発売です。