NEC、8コア高性能CPU・第9世代Core i9-9900搭載可能デスクトップPC「LAVIE Direct DT(2019年秋冬モデルPC)」 

NECは、「LAVIE Direct DT(2019年秋冬モデルPC)」を発売します。

LAVIE Direct DT
(ハイスペックコンパクトタワーPC)
特徴
・驚異のパフォーマンス、8コア第9世代Core i9を選択可能
・写真とビデオ編集に最適、GeForce GT730を選択可能
・パッと起動を実現する、インテルOptaneメモリーを選択可能
・省スペースのスリムデザイン
・豊富なPCIスロットを備えた、高い拡張性
・国内生産およびこだわりの品質管理

レビュー
直販限定「LAVIE Direct DT」は、LIVEシリーズで唯一「デスクトップPC向けCPU」を搭載します。

モバイル向けCPUより、消費電力や発熱量が多くなる代わりに、最も高いCPU性能を実現出来ます。
特に最上位「Core i9-9900」では、驚異の「8コア16スレッド」となり、CPU性能が重要な写真や動画編集で力を発揮します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第9世代Core i9-9900 8コア16スレッド/3.1-5.0GHz:約1750/215
第9世代Core i7-9700 8コア8スレッド/3.0-4.7GHz:約1400/205
第9世代Core i5-9500 6コア6スレッド/3.0-4.4GHz:約1000/180
第9世代Core i3-9100 4コア4スレッド/3.6-4.2GHz:約650/180
Celeron G4930 2コア2スレッド/3.2GHz:約240/130
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2019年秋冬モデルPCでは
「2018年秋冬モデル」以来、約1年振りのモデルチェンジとなり、
CPUを「第8世代Core」から、「第9世代Core」に刷新し、基本性能が向上します。

デスクトップPC向けの第9世代Coreでは、最上位「Core i9-9900」が登場し、
上位「Core i7-9700」が初の『8コア8スレッド』、下位「Core i3-9100」が初の『ターボブースト』対応で、性能向上です。

中位「Core i5-9500」と最下位「Celeron G4930」は、動作クロックの向上など、小幅な改良です。

詳細・購入はこちら
LAVIE Direct DT
(ハイスペックコンパクトタワーPC)

関連ページ
NEC 最新モデル一覧