東芝、2009年春モデルを発表! 

東芝が、ノートPCの2009年春モデルを12月下旬から順次発売することを発表しました。

今回発表された2009年春モデルで最大の特徴が、4GBのメモリを標準とし、16:9のワイド液晶を採用したことです。

Windows Vista SP1は、メモリ2GBで十分快適ですが、4GBの搭載によって低価格なネットブックとの違いを鮮明とすることが狙いのようです。今後発表される、NEC、富士通、ソニーなども4GBのメモリを搭載してくるのか注目されます。