NEC LAVIE 

NEC直販「NEC Direct」では、予算や用途に応じて自由にカスタマイズできる「LAVIE Direct」を販売しています。

2021年春モデルでは、在宅での優れた作業性と、持ち運びやすさのバランスをとった14型ノート「LAVIE N14」が、新登場します。

そして、ノート向け最新CPU「インテル第11世代Core」搭載モデルが、発売されます。
また、コロナ渦による生活変化を考慮し、「オンライン会議機能」が強化されています。

「継続販売モデル」は、ページ後半で紹介しています。

スタンダードノート
紹介記事

LAVIE Direct N15
(第11世代Core・15.6型ノートPC)

LAVIE Direct N14
(第11世代Core/Ryzen・14.0型ノートPC)

モバイルPC
紹介記事

LAVIE Direct PM
(第11世代Core・13.3型プレミアムモバイル)

LAVIE Direct PM(X)
(第10世代Core・13.3型モバイル)

LAVIE Direct N12
(第11世代Core・12.5型モバイルノート)

液晶一体形デスクトップ
紹介記事

LAVIE Direct A27
(第10世代Core・27型オールインワン)

LAVIE Direct A23
(第10世代Core・23.8型オールインワン)
記事を読む

2021年春モデルパソコン 

パソコンの春モデルは、1月を中心に発表されています。
※メーカーごとの最新モデルは、各ページで紹介しています。

2021年春モデルPC NEC
最新PC 富士通
最新PC Dynabook
最新PC ソニーストア VAIO
最新PC VAIOストア VAIO
2021年春モデルPC パナソニック

2021年春PC HP
2021年春PC デル
最新PC ThinkPad
2021年春PC レノボ
最新PC マイクロソフト

最新PC マウスコンピューター
最新PC パソコン工房
最新PC ツクモ
最新PC フロンティア
最新PC サイコム

近年のPCモデルチェンジ:基本情報
NECも富士通も、季節ごとの『全製品一斉(マイナー)モデルチェンジ』を止めていて、近年は『一部製品のみモデルチェンジ(その他は継続販売)』が、標準です。

※「2019年春モデル」→『2020年春モデル』など、1年程度の『継続販売』も普通。
逆に、海外メーカーのHPなどは、『ほぼ毎月』新製品を発表します。

春モデルPC:発表日
NEC 19年1月22日(火) 20年1月21日(火) 21年1月19日(火)
富士通 19年2月12日(火) 20年2月5日(水) 
Dynabook 19年1月17日(木) 20年1月15日(水) 
Panasonic 19年1月15日(火) 20年1月15日(水) 21年1月13日(水)
目安:春モデル=1月前後、夏モデル=5月前後、秋冬モデル=10月前後
記事を読む

パナソニック レッツノート 

パナソニック直販「パナソニックストア」では、自分だけのオリジナルレッツノートが選べる「カスタマイズレッツノート」を、販売しています。

2021年春モデルでは、グラフィック性能が大幅向上「第11世代Core」を搭載する「SV1」が発売されます。

「LV」「SV」「QV」では、従来の8GBから、プレミアムエディションと同じ「16GBメモリ」に強化し、発売されます。
そして、「レッツノート 25周年記念モデル」が、販売されます。
記事を読む

日本メーカー、第11世代Core(TigerLake/RocketLake)搭載パソコン  

日本メーカーの「第11世代Core(TigerLake/RocketLake)」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

当ページ紹介メーカー
NEC、富士通、Dynabook、VAIO、パナソニック

関連ページ:海外メーカー、第11世代Core搭載パソコン
関連ページ:BTOメーカー、第11世代Core搭載パソコン

当ページ掲載順
①モバイルノート向け『UP3(TigerLake)』
②モバイルノート向け『UP4(TigerLake)』
③高性能モバイル向け『TigerLake-H35』
④高性能ノート向け『TigerLake-H』
⑤デスクトップPC向け『RocketLake-S』
記事を読む

日本メーカー、AMD Ryzen5000シリーズ搭載パソコン 

日本メーカーの「Ryzen5000シリーズ」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

当ページ紹介メーカー
NEC、富士通、Dynabook、VAIO、パナソニック

関連ページ:海外メーカー、Ryzen5000搭載パソコン
関連ページ:BTOメーカー、Ryzen5000搭載パソコン

当ページ掲載順
①超薄型ノート向け「U」
②高性能ノート向け「HX/H」
③高性能モバイル向け「HS」
記事を読む