日本メーカー、第11世代Core(TigerLake/RocketLake)搭載パソコン  

日本メーカーの「第11世代Core(TigerLake/RocketLake)」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

当ページ紹介メーカー
NEC、富士通、Dynabook、VAIO、パナソニック

関連ページ:海外メーカー、第11世代Core搭載パソコン
関連ページ:BTOメーカー、第11世代Core搭載パソコン

当ページ掲載順
①主力ノート向け『UP3(TigerLake)』
②高性能ノート向け『TigerLake-H』
③省電力ノート向け『UP4(TigerLake)』
④デスクトップPC向け『RocketLake-S』
続きを読む

日本メーカー、AMD Ryzen5000シリーズ搭載パソコン 

日本メーカーの「Ryzen5000シリーズ」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

当サイト紹介メーカー
NEC、富士通、Dynabook、VAIO、パナソニック

関連ページ:海外メーカー、Ryzen5000搭載パソコン
関連ページ:BTOメーカー、Ryzen5000搭載パソコン

当ページ掲載順
①ノートPC向け「U」
②その他
続きを読む

日本メーカー、AMD 第3世代Ryzen Mobile4000搭載ノートパソコン 

国内大手メーカーの「AMD Ryzen Mobile 4000」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

Ryzen 4000シリーズ
薄型ノートやモバイルノート向け「TDP15W」CPUで、飛躍の第3世代(7nm・Zen2)により、競合のインテルを上回るマルチコア性能を、優れた電力効率で実現します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen7 4700U 8コア8スレッド/2.0-4.1GHz/15W:2700/465
Ryzen5 4500U 6コア6スレッド/2.3-4.0GHz/15W:2250/445
Ryzen3 4300U 4コア4スレッド/2.7-3.7GHz:1500/425
Core i7-1065G7 4コア8スレッド/1.3-3.9GHz/15W:1550/450
(2017年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:730/350

発売日:2020年1月6日
国内大手(下記)メーカーでは、NECと富士通が、AMDでも発売中です。
2021年9月に、VAIOが初めてAMD Ryzen採用ノートを発表です。

新製品追加情報
21年9月28日(火):VAIO「VAIO FL15」でRyzen初採用

Ryzen 4000搭載パソコン
Ryzen 7搭載PC 紹介記事
Ryzen 5搭載PC 紹介記事
Ryzen 3搭載PC 紹介記事
<NEC>

LAVIE Direct N15(R)
(15.6型ハイスペックノート)

<富士通>
icon icon
LIFEBOOK WNB/E2 icon
(17.3型オールインワンノート)
icon icon
LIFEBOOK WUB/F1 icon
(13.3型モバイルノート)
icon icon
ESPRIMO WF-G/E3 icon
(Ryzen4000・23.8型4K液晶)
icon icon
ESPRIMO WFB/E3 icon
(Ryzen4000・23.8型フルHD液晶)

<VAIO>
icon icon
VAIO FL15 VJFL518 icon
(AMD Ryzen・15.6型ノートPC)
続きを読む

2021年夏モデルパソコンだけ 

当ページは、2021年夏モデルパソコンだけの紹介となります。

2021年夏PC動向:ほぼ新製品投入なし
発表時期は、5月前後が中心で、遅い場合でも7月となり、基本終了。
メーカーPCにとっては、特に何もない時期でもあり、多くが継続販売。

※パナソニックのみ、全製品(全3シリーズ)に2021年夏モデルを発表。

NEC:2021年夏モデルパソコン
引き続き「春モデル」「夏モデル」として、新製品を発売していますが、
全製品一斉モデルチェンジは止めていて、一部製品のみモデルチェンジ。

2021年夏モデル(5/11発表)として、発売されるのは直販モデルのノートPC1機種のみ。
※同日発表のN11は、2021年春モデルとして、発売(その他は、継続販売中)。


LAVIE Direct PM(X)
(13.3型モバイル)

LAVIE Direct N11
(11.6型2in1PC)
続きを読む

日本メーカー、インテル第10世代Core(IceLake/CometLake)搭載パソコン 

国内メーカーの「第10世代Core(IceLake/CometLake)」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

当ページ掲載順
①モバイル向け:IceLake-U
②モバイル向け:CometLake-U
③デスクトップPC向け:CometLake-S
④高性能ノート向け:CometLake-H
⑤極低消費電力:CometLake-Y
⑥極低消費電力:IceLake-Y

①モバイルPC向け『IceLake-U』
モバイル向け「TDP15W」CPUで、製造プロセス:10nm、CPU:Sunny Cove、GPU:11世代などに刷新し、さらに高い性能を発揮します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第10世代Core i7-1065G7 4コア8スレッド/1.3-3.9GHz/15W:1550/450
第10世代Core i5-1035G7 4コア8スレッド/1.2-3.7GHz/15W:1250/425
第10世代Core i5-1035G4 4コア8スレッド/1.1-3.7GHz/15W:1250/425
第10世代Core i5-1035G1 4コア8スレッド/1.0-3.6GHz/15W:1230/420
第10世代Core i3-1005G1 2コア4スレッド/1.2-3.4GHz/15W:920/380
第8世代Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz/15W:1200/400
(2016年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz/15W:730/350

発売日:2019年Q3~2020年秋冬
「10nm・IceLake」は、国内大手(下記)ではなかなか発売されませんでしたが、
2020年秋冬より、Dynabook社やVAIO社から、発売開始です。

第10世代Core搭載パソコン
Core i7搭載PC 紹介記事
Core i5搭載PC 紹介記事
Core i3搭載PC 紹介記事

<スタンダードノート>

dynabook PZ/LP icon
(ニュースタンダード)

dynabook YZ/MP icon
(ニューベーシック)

<モバイルPC>
icon icon
VAIO SX14 VJS1431icon(14型)
VAIO SX12 VJS1231icon(12.5型)
(新スタンダードモバイル)


②モバイル向けCPU:CometLake-U
モバイル向け「TDP15W」CPUで、製造プロセス:14nm、CPU:Skylakeベース、GPU:9.5世代を継続しますが、動作クロックの向上で、さらに高い性能を発揮します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
Core i7-10710U 6コア12スレッド/1.1-4.7GHz/15W:2200/460
Core i7-10510U 4コア8スレッド/1.8-4.9GHz/15W:1400/440
Core i5-10210U 4コア8スレッド/1.6-4.2GHz/15W:1230/415
Core i3-10110U 2コア4スレッド/2.1-4.1GHz/15W:750/380

発売日:2019年Q3~
国内大手(下記)は、多くが「14nm・CometLake」採用となっています。
※徐々に、上記IceLakeか、TigerLake(第11世代Core)に刷新されます。

第10世代Core搭載パソコン
6コアCore i7搭載PC 紹介記事
4コアCore i7搭載PC 紹介記事
Core i5搭載PC 紹介記事
Core i3搭載PC 紹介記事

<スタンダードノート>

LAVIE Direct N15
(スタンダードノート)

dynabook AZ66/M
(16.1型ノート)

dynabook AZ65/M
(15.6型ノート)

dynabook NZ65/M
(15.6型スリムノート)


<モバイルPC>

LAVIE Direct PM
(モバイルPC)

レッツノートLV9
(14型ノート)

レッツノートSV9
(12.1型ノート)

レッツノートQV9
(12型2in1)

<液晶一体形PC>

LAVIE Direct HA
(一体型PC)
続きを読む