日本メーカー、インテル第9世代Core搭載パソコン 

国内大手メーカーの「インテル第9世代Core」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

関連ページ海外メーカー、第9世代Core搭載パソコン

高性能Hプロセッサー:ノートPC向け8コアCPUが登場
ゲーミングPCやクリエイターPC向け高性能「TDP45W」CPUで、最上位「Core i9」では『8コア16スレッド』に到達します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第9世代Core i9-9980HK 8コア16スレッド/2.4-5.0GHz:約1600/200
第9世代Core i7-9750H 6コア12スレッド/2.6-4.5GHz:約1180/180
第9世代Core i5-9300H 4コア8スレッド/2.4-4.1GHz:約780/170
(2013年)Core i7-4700HQ 4コア8スレッド/2.4-3.4GHz:約630/130

発売動向:2020年春モデルでは、NECも発売開始
国内大手は、省電力『Uプロセッサー』のため、少数のみですが発売中です。
NECが、2020年春モデルで、Hプロセッサー搭載クリエイターノートを発売です。

第9世代Core搭載パソコン
第9世代Core i9搭載PC 紹介記事
第9世代Core i7搭載PC 紹介記事
第9世代Core i5搭載PC 紹介記事
<NEC>

LAVIE Direct VEGA(15.6型ノート)

<富士通>
icon icon
LIFEBOOK AHシリーズicon(15.6型ノート)
icon icon
LIFEBOOK NHシリーズicon(17.3型ノート)
icon icon
ESPRIMO FHシリーズicon(一体型PC)

<VAIO>
icon icon
VAIO S15icon(15.6型ノート)

<dynabook>
※Hシリーズ搭載PC発売なし

<パナソニック>
※Hシリーズ搭載PC発売なし


デスクトップSプロセッサー:8コアCPUが登場
「デスクトップPC」向けCPUで、最上位「Core i9」が『8コア16スレッド』、上位「Core i7」が『8コア8スレッド』に到達します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第9世代Core i9-9900 8コア16スレッド/3.1-5.0GHz:約1750/215
第9世代Core i7-9700 8コア8スレッド/3.0-4.7GHz:約1400/205
第9世代Core i5-9500 6コア6スレッド/3.0-4.4GHz:約1000/180
第9世代Core i3-9100 4コア4スレッド/3.6-4.2GHz:約650/180
第8世代Core i7-8700 6コア12スレッド/3.2-4.6GHz:約1350/195
(2013年)Core i7-4770 4コア8スレッド/3.4-3.9GHz:約700/140

発売動向:NECと富士通のみ
国内大手メーカーでは、NECと富士通のみ、デスクトップPCを発売中です。
8コアCore i9は、NECで選択可能です。

第9世代Core搭載パソコン
第9世代Core i9搭載PC 紹介記事
第9世代Core i7搭載PC 紹介記事
第9世代Core i5搭載PC 紹介記事
第9世代Core i3搭載PC 紹介記事
<NEC>

LAVIE Direct DT

<富士通>
icon icon
ESPRIMO WD-G/D2icon(ミニタワー型)
ESPRIMO WD2/D2icon(スリム型)
ESPRIMO WD1/D2icon(コンパクト型)

<dynabook、VAIO、パナソニック>
※デスクトップPCの発売なし
続きを読む

日本メーカー、第8世代Core搭載メーカーパソコン 

国内大手メーカーの「インテル第8世代Core」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

主力Uプロセッサー:初の4コア化で飛躍的性能向上
国内大手製PCの多くが搭載する主力「TDP15W」CPUで、長く続いた「最大2コア」の時代を終える、初の『最大4コア』化により、マルチコア性能を大幅向上です。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第8世代Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:約570/175
第8世代Core i5-8265U 4コア8スレッド/1.6-3.9GHz:約550/160
第8世代Core i3-8145U 2コア4スレッド/2.1-3.9GHz:約335/160
第7世代Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:約340/140
(2013年)Core i7-4500U 2コア4スレッド/1.8-3.0GHz:約260/115
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

発売動向:2020年春モデルでも主力CPU
インテルの主力CPUらしく、多数の搭載PCが発売されていて、1月より発表・発売されている「2020年春モデル」でも、多くが『第8世代Core』を搭載します。

第8世代Core搭載パソコン
Core i7搭載PC 紹介記事
Core i5搭載PC 紹介記事
Core i3搭載PC 紹介記事
<NEC>

LAVIE Direct NS(15.6型ノート)

LAVIE Direct HM(14型ノート)

LAVIE Direct PM(13.3型ノート)

<富士通>
icon icon
LIFEBOOK AHシリーズicon(15.6型ノート)
icon icon
LIFEBOOK UHシリーズicon(13.3型軽量)
icon icon
LIFEBOOK SHシリーズicon(13.3型オールインワン)

<Dynabook>

dynabook AZシリーズ(15.6型ノート)

dynabook ZZシリーズ(15.6型モダンPC)

dynabook SZシリーズ(13.3型モダンPC)

dynabook RZシリーズ(13.3型モバイルPC)

dynabook VZシリーズ(12.5型2in1PC)

<VAIO>
icon icon
VAIO S13 VJS1321 icon(13.3型モバイル)

<パナソニック>

レッツノートLV8(14型モバイル)

レッツノートQV8(12型モバイル)
続きを読む

日本メーカー、AMD第3世代Ryzen・Ryzen Mobile搭載パソコン 

国内大手メーカーの「AMD第3世代Ryzen」搭載PCが、発売されます(?)。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

第3世代Ryzen U:モバイルPCも、8コア時代へ
一般的なノートPC向け「TDP15W」CPUで、競合のインテルを上回る8コアCPUを投入し、高いマルチコア性能を実現します。シングルコア性能も、インテル並を実現します。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第3世代Ryzen7 4800U 8コア16スレッド/1.8-4.2GHz:
第3世代Ryzen7 4700U 8コア8スレッド/2.0-4.1GHz:
第3世代Ryzen5 4600U 6コア12スレッド/2.1-4.0GHz:
第3世代Ryzen5 4500U 6コア6スレッド/2.3-4.0GHz:
第3世代Ryzen3 4300U 4コア4スレッド/2.7-3.7GHz:
第2世代Ryzen7 3700U 4コア8スレッド/2.3-4.0GHz:約670/145
Intel Core i7-1065G7 4コア8スレッド/1.3-3.9GHz:約720/180

発売日:2020年夏モデル以降?
第2世代Ryzenの場合、2019年1月のCESで正式発表となり、
国内大手(下記)では、NECが7月発表「2019年春モデル」で、初搭載です。

第3世代Ryzenの場合、2020年1月のCESで正式発表となり、
仮にNECが採用した場合も、「2020年夏モデル」以降が、確定と言えます。

第3世代Ryzen搭載パソコン
Ryzen7搭載PC 紹介記事
Ryzen5搭載PC 紹介記事
<NEC>

LAVIE Direct NS(R)
※『2020年春モデル』に、第2世代Ryzenを搭載。

<富士通>
icon icon
LIFEBOOK WAB/D3 icon
※『2019年10月モデル』に、初代Ryzenを搭載。

<Dynabook>
Dynabook 最新モデルパソコン
※『2020年春モデル』も、全製品インテルCPUを搭載。

<パナソニック>
パナソニック 最新モデルパソコン
※『2020年春モデル』も、全製品インテルCPUを搭載。

<VAIO>
VAIO 最新モデルパソコン icon
※『2020年モデル』も、全製品インテルCPUを搭載。
続きを読む

日本メーカー、インテル第10世代Core搭載パソコン 

国内大手メーカーの「インテル第10世代Core」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

CometLake-U:CPU性能をさらに強化
国内大手製PCの多くが搭載する主力「TDP15W」CPUで、全コア時の動作周波数を引き上げ、マルチコア性能を大幅強化です。そして、『U』初の6コアモデルも登場です。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第10世代Core i7-10710U 6コア12スレッド/1.1-4.7GHz:約1070/180
第10世代Core i7-10510U 4コア8スレッド/1.8-4.9GHz:約740/190
第10世代Core i5-10210U 4コア8スレッド/1.6-4.2GHz:約670/170
第10世代Core i3-10110U 2コア4スレッド/2.1-4.1GHz:約405/170
(2018年)Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:約570/175
(2013年)Core i7-4500U 2コア4スレッド/1.8-3.0GHz:約260/115

発売日:2020年春モデルより、極少数販売開始
CPU供給不足の問題が続いていて、「2020年春モデル」も多くは「第8世代Core」を搭載しますが、「第10世代Core」モデルも少数販売開始です。

関連ページ海外大手メーカー、第10世代Core搭載パソコン
※海外大手は、すでに多数の第10世代Core搭載PCを発売中。

第10世代Core搭載パソコン
Core i7搭載PC 紹介記事
Core i5搭載PC 紹介記事
Core i3搭載PC 紹介記事
<NEC>

LAVIE Direct HA(一体形PC)

<Dynabook>

dynabook GZ(13.3型モバイル)

<VAIO>
icon icon
VAIO SX14icon(14型ノート)
icon icon
VAIO SX12 VJS1221icon(12.5型ノート)

<パナソニック>

レッツノートSV9(12.1型ノート)

<富士通>


AmberLake-Y:極低消費電力版も、ついに4コア化
2in1PCやファンレスPC向け「TDP7W」CPUで、上位「i7」中位「i5」が『4コア』となり、マルチコア性能が大幅向上します。

CPU性能比較(PassMark)
第10世代Core i7-10510Y 4コア8スレッド/1.2-4.5GHz:
第10世代Core i5-10310Y 4コア8スレッド/1.1-4.1GHz:
第10世代Core i5-10210Y 4コア8スレッド/1.0-4.0GHz:(約8000)
第10世代Core i3-10110Y 2コア4スレッド/1.0-4.0GHz:
第8世代Core i7-8500Y 2コア4スレッド/1.5-4.2GHz:約3900

発売日:2020年春モデル~
『Y』は、採用するメーカー・製品が極少数のため、発売の有無は不明となります。

第10世代Core搭載パソコン
Core i7搭載PC 紹介記事
Core i5搭載PC 紹介記事
<NEC>

LAVIE Direct NM(12.5型モバイルPC)
続きを読む