2020年春モデルパソコン 

パソコンの春モデルは、1月を中心に発表されています。
※メーカーごとの最新モデルは、各ページで紹介しています。

2020年春モデルPC NEC
2020年モデルPC 富士通
2020年春モデルPC Dynabook
2020年モデルPC ソニーストアVAIO
2020年モデルPC VAIOストア
2020年春モデルPC パナソニック

2020年モデルPC 日本HP
2020年モデルPC デル
2020年モデルPC ThinkPad
2020年モデルPC レノボ(Thinkシリーズ以外)
2020年モデルPC マイクロソフト

2020年春PC緊急動向:深刻化する新型コロナウイルスの影響
PC関連も、新型コロナの影響が深刻化していて、部品不足による供給不足と、テレワークによる緊急需要が重なり、買えない場合が多々あります。

※PCは、インテルCPU=海外生産など、絶対に国内部品だけで生産出来ないため、国内生産メーカー含め、当面深刻な状況が続きます。

春モデルPC:発表日
NEC  18年1月16日(火) 19年1月22日(火) 20年1月21日(火)
富士通  17年12月26日(火) 19年2月12日(火) 20年2月5日(水)
Dynabook 18年1月15日(月) 19年1月17日(木) 20年1月15日(水)
Panasonic 18年1月26日(木) 19年1月15日(火) 20年1月15日(水)
目安:春モデル=1月前後、夏モデル=5月前後・7月、秋冬モデル=10月前後

2020年春モデルPC動向:国内大手メーカーは「第8世代Core」が主流
国内大手メーカーのPCは、多くが型番末尾「U」のCPUを搭載していて、
2020年春モデルでも、「第8世代Core i7-8565U」など8000番台が、主流です。

国内大手メーカー、第8世代Core搭載パソコン

2020年春インテルCPU動向:海外メーカーは「第10世代」が主流
インテルCPUの供給不足問題があっても、販売台数の多い海外大手メーカーには優先的に供給されていて、海外メーカーは「第10世代Core」が主流となっています。

海外メーカー、第10世代Core搭載パソコン
国内大手メーカー、第10世代Core搭載パソコン
BTOメーカー、第10世代Core搭載ノートパソコン

※国内大手も、高価格帯製品のみですが、「2020年春モデル」で初投入。

2020年春インテルCPU動向:高性能向けは「第9世代Core」が最新
デスクトップPC向け「S」と、高性能ノート向け「H」は、『第9世代』が最新です。
※デスクトップPC向けと高性能ノート向け「第10世代Core」は、未発表です。

国内大手メーカー、第9世代Core搭載パソコン
海外メーカー、第9世代Core搭載パソコン
BTOメーカー、第9世代Core搭載デスクトップパソコン
BTOメーカー、第9世代Core搭載ノートパソコン

2020年春AMD CPU動向:ハイエンドは64コア128スレッドへ
『ハイエンドデスクトップPC』向けで、「64コア128スレッド」CPUを、発売します。
『メインストリームデスクトップPC』向けは、「16コア32スレッド」CPUです。

BTOメーカー、第3世代ハイエンドRyzen搭載パソコン
海外メーカー、第3世代Ryzen搭載パソコン
BTOメーカー、第3世代Ryzen搭載パソコン