2022年春モデルパソコン 

パソコンの春モデルは、1月前後に発表されています。
※メーカーごとの最新モデルは、各ページで紹介しています。

2022年最新PC NEC
2022年最新PC 富士通
2022年最新PC Dynabook
2022年最新PC パナソニック
2022年最新PC ソニーストア VAIO
2022年最新PC VAIOストア VAIO

2022年最新PC HP
2022年最新PC デル
2022年最新PC レノボ
2022年最新PC ThinkPad
2022年最新PC エイスース
2022年最新PC Surface

2022年春PCの動向:継続販売(Windows11初搭載PC)が多め
Windows11リリースとともに、一斉モデルチェンジをしたメーカーが多いため、
2022年春は、秋冬(Windows11初搭載PC)の継続販売が多くなっています。

※NECや富士通も、季節ごとの全製品一斉(マイナー)モデルチェンジを止めていて、
近年は継続販売が多くなっているため、新製品がほぼ発売されない場合もあり。

春モデルPC:発表日
NEC 20年1月21日(火) 21年1月19日(火) 22年2月01日(火)
富士通 20年2月05日(水) 21年2月22日(月) 22年3月29日(火)
Dynabook 20年1月15日(水) 21年1月27日(水) 22年1月20日(木)
Panasonic 20年1月15日(水) 21年1月13日(水) 22年1月13日(木)
目安:春モデル=1月前後、夏モデル=5月前後、秋冬モデル=10月前後

2022年春インテルCPU動向:第11世代Coreが主流
多数派となるインテルCPUは、「第11世代Core」が主流です。

国内大手メーカー、第11世代Core搭載パソコン
海外大手メーカー、第11世代Core搭載パソコン
BTOメーカー、第11世代Core搭載パソコン

1月にノート向け「第12世代Core」が発表されていて、一部発売開始。

BTOメーカー、第12世代Core搭載パソコン
海外メーカー、第12世代Core搭載パソコン
国内大手メーカー、第12世代Core搭載パソコン

2022年春AMD CPU動向:Ryzen 5000が主流
少数発売となるAMDモデルは、「Ryzen 5000」が主流です。

国内大手メーカー、Ryzen5000搭載パソコン
海外大手メーカー、Ryzen5000パソコン
BTOメーカー、Ryzen5000搭載パソコン

1月に「Ryzen6000」が発表されていて、一部発売開始。
※「6000」は少数派となり、「新5000」が多くなる見込み。

海外メーカー、Ryzen6000/搭載パソコン
BTOメーカー、Ryzen6000搭載パソコン