2020年春モデルパソコン 

パソコンの春モデルは、1月を中心に発表されています。
※メーカーごとの最新モデルは、各ページで紹介しています。

2020年最新PC NEC
2020年最新PC 富士通
2020年最新PC Dynabook
2020年最新PC ソニーストアVAIO
2020年最新PC VAIOストア
2020年最新PC パナソニック

2020年最新PC 日本HP
2020年最新PC デル
2020年最新PC ThinkPad
2020年最新PC レノボ
2020年最新PC マイクロソフト

2020年最新PC マウスコンピューター
2020年最新PC パソコン工房
2020年最新PC ツクモ
2020年最新PC フロンティア
2020年最新PC サイコム

近年のPCモデルチェンジ:基本情報
NECも富士通も、季節ごとの『全製品一斉(マイナー)モデルチェンジ』を止めていて、近年は『一部製品のみモデルチェンジ(その他は継続販売)』が、標準です。

※「2019年春モデル」→『2020年春モデル』など、1年程度の『継続販売』も普通。

春モデルPC:発表日
NEC  18年1月16日(火) 19年1月22日(火) 20年1月21日(火)
富士通  17年12月26日(火) 19年2月12日(火) 20年2月5日(水)
Dynabook 18年1月15日(月) 19年1月17日(木) 20年1月15日(水)
Panasonic 18年1月26日(木) 19年1月15日(火) 20年1月15日(水)
目安:春モデル=1月前後、夏モデル=5月前後、秋冬モデル=10月前後

2020年春モデルPC動向:国内大手メーカーは「第8世代Core」が主流
国内大手メーカーのPCは、多くが型番末尾「U」のCPUを搭載していて、
2020年春モデルでも、「第8世代Core i7-8565U」など8000番台が、主流です。

国内大手メーカー、第8世代Core搭載パソコン

2020年春インテルCPU動向:海外メーカーは「第10世代」が主流
インテルCPUの供給不足問題があっても、販売台数の多い海外大手メーカーには優先的に供給されていて、海外メーカーは「第10世代Core」が主流となっています。

海外メーカー、第10世代Core搭載パソコン
国内大手メーカー、第10世代Core搭載パソコン
BTOメーカー、第10世代Core搭載ノートパソコン

※国内大手も、高価格帯製品のみですが、「2020年春モデル」で初投入。

2020年春インテルCPU動向:高性能向けは「第9世代Core」が最新
デスクトップPC向け「S」と、高性能ノート向け「H」は、『第9世代』が最新です。
※デスクトップPC向けと高性能ノート向け「第10世代Core」は、未発表です。

国内大手メーカー、第9世代Core搭載パソコン
海外メーカー、第9世代Core搭載パソコン
BTOメーカー、第9世代Core搭載デスクトップパソコン

2020年春AMD CPU動向:ハイエンドは64コア128スレッドへ
『ハイエンドデスクトップPC』向けで、「64コア128スレッド」CPUを、発売します。
『メインストリームデスクトップPC』向けは、「16コア32スレッド」CPUです。

BTOメーカー、第3世代ハイエンドRyzen搭載パソコン
海外メーカー、第3世代Ryzen搭載パソコン
BTOメーカー、第3世代Ryzen搭載パソコン