日本メーカー、AMD Ryzen5000シリーズ搭載パソコン 

日本メーカーの「Ryzen5000シリーズ」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

当ページ紹介メーカー
NEC、富士通、Dynabook、VAIO、パナソニック

関連ページ:海外メーカー、Ryzen5000搭載パソコン
関連ページ:BTOメーカー、Ryzen5000搭載パソコン

当ページ掲載順
①ノートPC向け「U」
②その他

①AMD Ryzen 5000Uシリーズ
超薄型ノートPC向けTDP「15W」モデルで、モバイルPCで手に入る最高のパフォーマンスと、妥協のないバッテリーライフを実現します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen7 5700U 8コア16スレッド/1.8-4.3GHz/15W:3400/495
Ryzen5 5500U 6コア12スレッド/2.1-4.0GHz/15W:2600/460
Ryzen3 5300U 4コア8スレッド/2.6-3.8GHz/15W:2050/440
Ryzen7 4700U 8コア8スレッド/2.0-4.1GHz/15W:2700/475
Core i7-1165G7 4コア8スレッド/2.8-4.7GHz/28W時:2100/570
(2016年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz/15W:730/350

発売日:2021年2月~
Ryzen搭載ノートは、1月発表→最速5月発売など、遅いのが問題でしたが、
Ryzen5000では、改善する事を公表していて、富士通が正式発表です。

新製品追加情報
2月22日(月):富士通「LIFEBOOK AHicon」に、搭載

Ryzen5000搭載パソコン
Ryzen 7搭載PC 紹介記事
Ryzen 3搭載PC 紹介記事
<富士通>

icon icon
LIFEBOOK WAB/F1 icon

その他メーカーの動向
<NEC>
LAVIE Direct N15(R)(Ryzen4000)

※NEC専売「Ryzen 7 EE」など、AMDにも力を入れているので、発売可能性あり。

<Dynabook、VAIO、Panasonic>
Dynabook 最新モデルパソコン
VAIO 最新モデルパソコン icon
パナソニック 最新モデルパソコン
※3メーカーは、2021年の新製品も、全製品インテルCPUで発売。

Ryzen5000も、極度の品薄状態が続くので、
規模の小さい3メーカーは採用しない or 採用できないと見られますが、確認中。

②デスクトップPC向けなど
国内大手が採用していないため、当ページでは省力中です。
※発売された場合、更新予定。

関連ページ:海外メーカー、Ryzen5000搭載パソコン
関連ページ:BTOメーカー、Ryzen5000搭載パソコン



<発売?>
Ryzen7 5800U 8コア16スレッド/1.9-4.4GHz/15W:3650/550
Ryzen5 5600U 6コア12スレッド/2.3-4.2GHz/15W:3050/535

ノート向け『U』には、5800U/5600Uも存在しますが、実際に発売されるかは不明。