富士通、8コア16スレッドCore i7-10700T搭載可能ミニデスクトップPC「ESPRIMO WD1/F3」 

富士通WEB MARTは、「ESPRIMO WD1/F3(2021年10月モデル)」を販売します。
icon icon
ESPRIMO WD1/F3 icon
(第10世代Core・コンパクトPC)
特徴
・8コア16スレッドCPU、第10世代Core i7-10700Tを選択可能
・大容量メモリや、大容量NVMe接続SSDなどを選択可能
・幅55mm×奥行191mm×高さ186mmのミニデスクトップPC
・小さなコンパクト筐体に、光学ドライブも内蔵可能
・テレビと繋ぎ大画面で動画や写真を楽しむ、HDMI出力を搭載
・無線LANやワイヤレス・キーボード/マウスを選択可能
レビュー
直販限定販売「WD1/F3」は、高性能なデスクトップPC向けCPU(省電力版)を搭載する、ミニデスクトップPCです。

上位CPUでは、モバイル向けでは実現出来ない、8コア性能を実現。
動画エンコードなど、マルチコア性能が重要な用途にも、適します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第10世代Core i7-10700T 8コア16スレッド/2.0-4.5GHz:3800/470
第10世代Core i3-10100T 4コア8スレッド/3.0-3.8GHz:1900/400
Celeron G5905T 2コア2スレッド/3.3GHz:560/345
第10世代Core i7-10510U 4コア8スレッド/1.8-4.9GHz:1400/440
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

新モデルでは
「2020年7月モデル」→『2021年10月モデル』と、1年以上ぶりのモデルチェンジ。
※富士通も、季節ごとの一斉(マイナー)モデルチェンジを行いません。

新モデルでは、6年ぶりの新世代OS「Windows11」を標準搭載します。
カスタマイズで選択できるオフィスソフトも、最新版「Office 2021」に刷新。

そして、大容量「32GBメモリ」を、選択できるようになっています。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WD1/F3 icon
(第10世代Core・コンパクトPC)