富士通、次世代高速通信5G/LTE対応ノートパソコン「LIFEBOOK WU2/E3」 

富士通は、「LIFEBOOK WU2/E3」を発売します。
icon icon
LIFEBOOK WU2/E3 (軽量5G対応) icon
(第11世代Core・13.3型5G対応PC)
特徴
・圧倒的な軽さに加え、世界最小クラスのコンパクトサイズ
・満員電車での圧迫や机からの落下など、厳しい強度試験をクリア
・マスク着用でもサインイン可能、指紋認証付き電源ボタン
・オンラインミーティングに適したマイクとスピーカーを搭載
・ディスプレイ出力と充電が同時に可能なUSB Type-C を搭載
・次世代高速通信5Gに対応した、通信モジュールを内蔵
レビュー
「UHシリーズ」は、富士通の強みである『超軽量』を常求しつつ、堅牢性、基本性能の高さ、USBコネクタ等の拡張性、こだわりのキーボードなど、妥協なく追求されます。

直販モデル「WU2/E3 (軽量5G対応)」は、5G対応通信モジュールを内蔵します。
別途SIMカードの契約+5G対応エリア内で、規格上4Gより高速通信が可能です。

5G対応モデルは、CPUが上位「Core i7」固定ですが、
メモリやSSD容量、Microsoft Officeなしなどのカスタマイズには対応します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第11世代Core i7-1165G7 4コア8スレッド/最大4.7GHz/15W時:1620/540
第10節Core i7-10510U 4コア8スレッド/1.8-4.9GHz/15W:1400/440
(2016年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz/15W:730/350
※15Wでの参考値となり、メーカーの熱設計(12~28W)により、性能は変わります。

新モデルでは
「2020年7月モデル」→『2020年10月モデル』と、わずか3ヶ月でモデルチェンジ。
※富士通も、季節ごとにモデルチェンジしませんが、今回は早めです。

新モデルでは、3辺狭額縁化した液晶を採用し、大幅にコンパクト化します。
ニューノーマル(マスク着用)時代となり、指紋認証付き電源ボタンを新採用です。

「CPU」を、「第10世代Core」→『第11世代Core(TigerLake)』に刷新。
モバイルPCで重要な、シングルコア性能、グラフィックスが、大幅向上します。

そして、次世代高速通信5G対応モデル(当機)が発売されます。

詳細・購入はこちら
LIFEBOOK WU2/E3 (軽量5G対応) icon
(第11世代Core・13.3型5G対応PC)