Dynabook、低価格でもCore i3-1005G1(IceLake)搭載ベーシックノートPC「dynabook YZ/MP」 

Dynabookは、「dynabook YZ/MP」を発売します。

dynabook YZ/MP icon
(第10世代Core・ニューベーシック)
特徴
・薄さ約19.7mm、軽さ約1.8kgの薄型・軽量ボディを実現
・優れた処理性能を発揮、第10世代Core(IceLake)を搭載
・素早く、安全にサインイン、Windows Hello対応指紋センサー
・大きなキーで打ちやすい、テンキー付きキーボード
・映り込みが少ない、大画面15.6型ノングレア液晶を採用
・振動や衝撃に強い、SSDを標準搭載
レビュー
「Yシリーズ」は、低めの基本性能、付加価値を省く代わりに、低価格を魅力とする、ニューベーシックノートです。

『ニューベーシック』では、ほぼ使われなくなるも、未だ内蔵されていた「光学(DVDなど)ドライブ」を省いた事で、薄型軽量を実現します。
『SSD』標準搭載なので、「HDD」特有の遅さがありません。

CPUも、『Core i3』なので、エントリー用途(ネット閲覧、YouTube再生、文書作成)などでは、必要十分な基本性能を確保します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第11世代Core i5-1135G7 4コア8スレッド/2.4-4.2GHz/28W:2000/515
第10世代Core i3-1005G1 2コア4スレッド/1.2-3.4GHz/15W:900/400
(2016年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz/15W:730/350
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

直販モデル「YZ/MP」では、4GBに加え、『メモリ8GB』を選択できます。
自身で交換・増設できないので、Windows 10では「8GB」が無難です。

なお、ディスプレイが一昔前の「HD(1366×768ドット)」となっています。
一般的な「フルHD(1920×1080ドット)」が必要なら、上位「PZ/LPicon」などが、選択肢です。

新モデルでは
「2020年秋冬モデル」で、新登場となり
光学ドライブ非搭載、狭額縁化で、薄型軽量な新筐体を採用です。

詳細・購入はこちら
dynabook YZ/MP icon
(第10世代Core・ニューベーシック)