富士通、4K液晶×第3世代Ryzen7・Radeon RX5300M搭載クリエイティブオールインワン「ESPRIMO WF-G/E3」 

富士通は、「ESPRIMO WF-G/E3」を発売します。
icon icon
ESPRIMO WF-G/E3 icon
(Ryzen4000・23.8型4K液晶)
特徴
・画面だけが宙に浮かんでいるかのような、スタイリッシュデザイン
・sRGBの色域を95%以上再現、表現力豊富な4Kディスプレイを搭載
・高画質な動画編集も快適、8コアRyzen 7、Radeon RX5300Mを搭載
・ハイパフォーマンスを生み出す、静音冷却システムを搭載
・PCIe接続に対応した約1TB SSDや、約2TB HDDを選択可能
・クリエイティビティを刺激する、6つのアプリケーションをプレインストール
レビュー
「FHシリーズ(23.8型)」は、スタイリッシュデザインを魅力とする、スタンダードなオールインワン型デスクトップPCです。

直販モデル「WF-G/E3」は、動画像編集に適する、高性能クリエイティブPCです。
CPUは、動画編集で重要な『マルチコア性能』で圧倒的優位「Ryzen 7」を採用です。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
Ryzen7 4700U 8コア8スレッド/2.0-4.1GHz/15W:2700/465
Core i7-1165G7 4コア8スレッド/最大4.7GHz/15W時:1620/540
(2017年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz/15W:730/350
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

グラフィックスには、独立GPU「Radeon RX5300M」を採用です。
動画編集の高速処理に加え、軽めのPCゲームにまで対応します。

GPU性能比較(3DMark Time Spy Graphics)
Radeon RX5300M3500
GeForce GTX1650:3400
Radeon RX Vega 7(Ryzen7 4700U):950

『クリエイターPC』を謳うだけに、4K液晶、動画像編集、イラスト制作ソフトを搭載。
『クリエイターPC』に相応しい、32GBメモリ、1TB SSD+2TB HDDなど、大容量カスタマイズに対応します。

新モデルでは
「2020年10月モデル」で、『クリエイティブ オールインワン デスクトップPC』として、新登場です。

高負荷なクリエイティブ向けなので、高い基本性能を搭載します。
高負荷時は、高発熱となるため、強力な冷却システムも搭載されます。

詳細・購入はこちら
ESPRIMO WF-G/E3 icon
(Ryzen4000・23.8型4K液晶)