Dynabook、最先端の6コア第10世代Core i7-10710U・Wi-Fi6搭載可能13.3型モバイルノート「dynabook GZシリーズ(2020年春モデルPC)」 

Dynabookは、「dynabook GZシリーズ(2020年春モデルPC)」を発売します。

dynabook GZ83/M(6コアCore i7モデル)
dynabook GZ73/M(メモリ16GBモデル)
dynabook GZ63/M(メモリ8GBモデル)
(13.3型プレミアムモバイルノート)
特徴
・最新の第10世代インテル6コアCPU搭載モデルを選択可能
・米国国防総省が制定したMIL規格に準拠する耐久テストをクリア
・バッテリー寿命も長持ち、「お急ぎ30分チャージ」に対応
・鮮やかで豊かな色彩表現、SHARP製IGZO液晶を搭載
・コンパクトボディに、充実の拡張性を実現
・先進の無線LAN規格「Wi-Fi 6」に対応

レビュー
「dynabook GZシリーズ」は、dynabookブランド誕生30周年記念モデルとなり、
軽量、堅牢、駆動時間、拡張性、セキュリティの全てを追求し、唯一無二を目指します。

弱点があるとすれば、光学ドライブやタッチパネル液晶は非搭載です。
妥協の無いフラッグシップモデルなので、さすがに高価格となっています。

2020年春モデルでは
2019年1月の新登場時から、1年ぶりのフルモデルチェンジとなり、
最先端「第10世代Core」+「Wi-Fi6」など、先進技術を搭載します。

最上位「GZ83」が搭載する『Core i7-10710U』は、モバイル向け初の「6コア12スレッド」となり、「2コア4スレッド」時代の買換えで、劇的な性能向上を実現出来ます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第10世代Core i7-10710U 6コア12スレッド/1.1-4.7GHz:約1070/180
第10世代Core i7-10510U 4コア8スレッド/1.8-4.9GHz:約740/190
第10世代Core i5-10210U 4コア8スレッド/1.6-4.2GHz:約670/170
(2018年)Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:約570/175
(2013年)Core i7-4500U 2コア4スレッド/1.8-3.0GHz:約260/115
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

詳細・購入はこちら
dynabook GZ83/M(6コアCore i7モデル)
dynabook GZ73/M(4コアCore i7/i5・16GBメモリモデル)
dynabook GZ63/M(Core i5・8GBメモリモデル)