パナソニック、歴代最速Core i7-10510U搭載12.1型モバイルPC「レッツノートSV9 プレミアムエディション(2020年春モデルPC)」 

パナソニックは、「レッツノートSV9 プレミアムエディション(2020年春モデルPC)」を発売します。

レッツノートSV9 プレミアムエディション
(12.1型・高速ハイパフォーマンスPC)
特徴
・高い処理性能と省電力を両立、インテル第10世代CPUを搭載
・無線LANの新規格 Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応
・データの読み書きを高速化、PCIe接続のSSDを採用
・スリープ状態からの復帰が早い、モダン スタンバイに対応
・肌身離さず持ち歩ける軽さ、約1.029kg~を実現
・2種類の強固なセキュリティ、顔認証・指紋認証に対応

レビュー
「SV9シリーズ」は、レッツノートの魅力である「軽量」「長時間駆動」「頑丈」に加え、4コアCPUによる「高性能」や超高速SSDによる「高速性」、最新Wi-Fi6による「高速通信」を、新世代の魅力とします。

そして、モダンスタンバイとWindows Helloに加え、LTE(4G)も搭載可能で、いつでも何処でも瞬時に作業を再開できます。

「プレミアムディション」では、大容量「16GBメモリ」、超高速で大容量「2TB SSD」など、ハイエンドなカスタマイズに対応します。

2020年春モデルでは
「2020年春モデル」が、フルモデルチェンジ(SV8→SV9)のタイミングとなり、
CPUを、第8世代Core→第10世代Coreに刷新し、レッツノート歴代最速を実現です。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第10世代Core i7-10510U 4コア8スレッド/1.8-4.9GHz:760/190
第10世代Core i5-10210U 4コア8スレッド/1.6-4.2GHz:680/170
第8世代Core i7-8665U 4コア8スレッド/1.9-4.8GHz:660/180
(2013年)Core i7-4500U 2コア4スレッド/1.8-3.0GHz:260/115
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

最新規格「Wi-Fi6」対応となり、通信速度もレッツノート歴代最速を実現可能です。
なお、最速には、接続機器(無線LANルーター他)も、「Wi-Fi6」に対応する必要あり。

そして、新たなカスタマイズとして、バッテリー劣化を自動で検知して、新品に交換「バッテリーライフサイクルNAVI」が、登場します。

詳細・購入はこちら
レッツノートSV9 プレミアムエディション
(12.1型・高速ハイパフォーマンスPC)