パナソニック、より高性能なCore i7×12型世界最小2in1モバイルPC「レッツノートQV8 プレミアムエディション(2020年春モデルPC)」 

パナソニックは、「レッツノートQV8 プレミアムエディション(2020年春モデルPC)」を発売します。

レッツノートQV8 プレミアムエディション
(12.0型・薄型コンパクト2in1モバイルPC)
特徴
・ディスプレイの狭額縁化により、A4用紙より小さいコンパクトさを実現
・顔認証と指紋認証を搭載し、安全に高速にサインイン
・書類に近い縦横比3:2、WQXGA+(2880×1920ドット)を採用
・4コアの高性能CPU、Core i7-8665U vProを搭載
・より高速なPCIe接続のSSDを採用
・持ち歩き時の衝撃や圧迫から守る、高い耐衝撃性能

レビュー
「QVシリーズ」は、高性能な4コアCPU搭載で、世界最小となる2in1モバイルPCです。

ビジネスPC「レッツノート」なので、高い堅牢性、充実のインターフェイス、ビジネスに適する3:2の画面アスペクト比など、妥協なく追求されています。

「プレミアムエディション」では、より高性能「第8世代Core i7」や「大容量SSD」などを選択でき、ワンランク上のパフォーマンスを実現出来ます。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Core i7-8665U 4コア8スレッド/1.9-4.8GHz:660/180
第8世代Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:630/175
Core i5-8365U 4コア8スレッド/1.6-4.1GHz:約620/170
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2020年春モデルでは
「2019年秋冬モデル」で、新登場(完全新作)したばかりでもあり、ハードウェアなどは基本同じです。

主な違いとして、カスタマイズ項目に、バッテリー劣化を自動で検知して、新品に交換「バッテリーライフサイクルNAVI」が、登場します。

詳細・購入はこちら
レッツノートQV8 プレミアムエディション
(12.0型・薄型コンパクト2in1モバイルPC)