パナソニック、大画面でコンパクトに一新した「レッツノートFV1(2021年夏モデルPC)」 

Panasonic Storeは、「レッツノートFV1(2021年夏モデルPC)」を販売します。

レッツノートFV1
(第11世代Core・14.0型大画面コンパクトPC)
特徴
・縦に2cm広いアスペクト比3:2、14.0型QHD液晶を採用
・製品の横幅は一般的な13.3型PCとほぼ同等サイズを実現
・Web会議で力を発揮する音響制能「COMFORTALK」
・前世代比約1.6倍の性能向上「第11世代インテルCore」を搭載
・従来モデル比約1.9倍の高速化「PCIe 4.0接続SSD」を搭載
・約2.2倍広く立ったホイールパッド、LED搭載キーボードを搭載
レビュー
「FVシリーズ」は、シリーズ最大となる14.0型液晶搭載クラムシェル型モバイルノートで、レッツノートらしい頑丈さと、13.3型並のコンパクト・軽量ボディを魅力とします。

新シリーズでは、テレビ向け「16:9」ではなく、PCに最適な「3:2」液晶となり、ビジネスPCとしての魅力が大きく向上しています。

「直販モデル」では、店頭モデルに対し、より高速なCPU、大容量メモリやSSDなど、さらなるハイスペックを実現します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第11世代Core i7-1185G7 4コア8スレッド/3.0-4.8GHz/28W時:2200/580
第11世代Core i5-1145G7 4コア8スレッド/2.6-4.4GHz/28W時:2000/530
第10世代Core i7-1065G7 4コア8スレッド/1.3-3.9GHz/15W:1550/450
(2016年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz/15W:730/350
※ベンチマークは、比較用の基準値となり、当機種のスコアではありません。

2021年夏モデルでは
数年に一度となる「完全新作」となり、14型液晶を搭載しつつ、13.3型並の本体サイズや薄型化を実現します。
※時代でしょうが、光学(DVDなど)ドライブ非内蔵になります。

第11世代Core(TigerLake)、PCIe 4.0 SSD、LPDDR4xメモリなどにより、処理性能が向上します。
強化されたWeb会議機能、大型化したホイールパッド、レッツノート初のバックライトキーボードなど、使いやすさを追求します。

そして、レッツノート初の「5G対応モデル」、「インテルEvo vPro準拠モデル」が、発売されます。

詳細・購入はこちら

レッツノートFV1
(第11世代Core・14.0型大画面コンパクトPC)