パナソニック、第11世代CoreやPCIe4.0SSDで速度向上・12.1型2in1PC「レッツノートQV1(2021年夏モデルPC)」 

Panasonic Storeは、「レッツノートQV1(2021年夏モデルPC)」を販売します。

レッツノートQV1
特徴
・A4サイズの書類より小さく、鞄に入れやすい、コンパクトボディ
・書類に近いアスペクト比3:2、WQXGA+(2880×1920ドット)を採用
・何万回と回転させても安⼼、ヒンジ部の耐久性を確保
・Iris Xe グラフィックス内蔵「第11世代インテルCore」を搭載
・従来モデル比約1.9倍の高速化「PCIe 4.0接続SSD」を搭載
・スマホやタブレットのような、指での直感的な操作「タッチパネル」を搭載
レビュー
「QVシリーズ」は、フレキシブルな働き方を実現するタッチパネル搭載360°回転式2in1PCで、使い勝手の良さを、約969gの軽量ボディで実現します。

ビジネスPC「レッツノート」なので、高い堅牢性、充実のインターフェイス、ビジネスに適する3:2の画面アスペクト比など、妥協なく追求されています。

「直販モデル」では、店頭モデルに対し、より高速なCPU、大容量メモリやSSDなど、さらなるハイスペックを実現します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第11世代Core i7-1185G7 4コア8スレッド/3.0-4.8GHz/28W時:2200/580
第11世代Core i5-1145G7 4コア8スレッド/2.6-4.4GHz/28W時:2000/530
第10世代Core i7-1065G7 4コア8スレッド/1.3-3.9GHz/15W:1550/450
(2016年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz/15W:730/350
※ベンチマークは、比較用の基準値となり、当機種のスコアではありません。

2021年夏モデルでは
「基本性能」の世代交代期となり、第11世代Core(TigerLake)、PCIe 4.0 SSD、LPDDR4xメモリなどにより、処理性能が向上します。

詳細・購入はこちら

レッツノートQV1