パナソニック、2in1PC最高性能Core i7-10810U新搭載「レッツノートQV9 プレミアムエディション(2020年夏モデルPC)」 

パナソニックは、「レッツノートQV9 プレミアムエディション(2020年夏モデルPC)」を発売します。

レッツノートQV9 プレミアムエディション
(第10世代Core・12.0型薄型コンパクト2in1モバイルPC)
特徴
・レッツノート史上初6コア12スレッドCPU「第10世代Core i7」を搭載
・パワー維持と省電力化を両立、独自設計「Maxperformer」を搭載
・2種類の強固なセキュリティ、顔認証・指紋認証に対応
・書類に近い縦横比3:2、WQXGA+(2880×1920ドット)を採用
・ボディの手前側をより鋭角にカット、鞄に入れやすいデザインを採用
・より高速なPCIe接続のSSDを採用

レビュー
「QVシリーズ」は、タッチパネル搭載360°回転式2in1PCで、使い勝手の良さを、約969gの軽量ボディで実現します。

ビジネスPC「レッツノート」なので、高い堅牢性、充実のインターフェイス、ビジネスに適する3:2の画面アスペクト比など、妥協なく追求されています。

「プレミアムエディション」では、より高性能でvPro対応「第10世代Core i7」、大容量メモリやSSDなど、さらなるハイスペックを実現出来ます。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第10世代Core i7-10810U 6コア12スレッド/1.1-4.9GHz:2400/470
第10世代Core i5-10310U 4コア8スレッド/1.7-4.4GHz:1300/430
第8世代Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:1400/450
(2016年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz:730/350
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

2020年夏モデルでは
「QV8(第8世代Core)」→『QV9(第10世代Core)』と、新世代に刷新です。
プレミアムエディションでは、初の6コアCPUを搭載し、圧倒的な性能を実現します。

新世代無線LAN「Wi-Fi6」にも対応し、安定性や通信速度が向上します。

そして、OS起動前からセキュリティが確保される「Secured-core PC」が、カスタマイズに追加されます。

詳細・購入はこちら
レッツノートQV9 プレミアムエディション
(第10世代Core・12.0型薄型コンパクト2in1モバイルPC)