日本メーカー、第11世代Core(TigerLake/RocketLake)搭載パソコン  

日本メーカーの「第11世代Core(TigerLake/RocketLake)」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

当ページ紹介メーカー
NEC、富士通、Dynabook、VAIO、パナソニック

関連ページ:海外メーカー、第11世代Core搭載パソコン
関連ページ:BTOメーカー、第11世代Core搭載パソコン

当ページ掲載順
①モバイルノート向け『UP3(TigerLake)』
②モバイルノート向け『UP4(TigerLake)』
③高性能モバイル向け『TigerLake-H35』
④高性能ノート向け『TigerLake-H』
⑤デスクトップPC向け『RocketLake-S』

①モバイルPC向け:UP3プロセッサ(TigerLake)
メーカーPCの主力CPU(12~28W)で、製造プロセス:10nm SuperFin、CPU:Willow Cove、GPU:Xe-LPなどに刷新し、さらに高い性能を発揮します。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第11世代Core i7-1185G7 4コア8スレッド/3.0-4.8GHz/28W時:2200/580
第11世代Core i7-1165G7 4コア8スレッド/2.8-4.7GHz/28W時:2100/570
第11世代Core i5-1135G7 4コア8スレッド/2.4-4.2GHz/28W時:1950/510
第11世代Core i3-1125G4 4コア8スレッド/2.0-3.7GHz/28W時:
第11世代Core i3-1115G4 2コア4スレッド/3.0-4.1GHz/28W時:1200/490
第10世代Core i7-1065G7 4コア8スレッド/1.3-3.9GHz/15W:1550/450
(2016年)Core i7-7500U 2コア4スレッド/2.7-3.5GHz/15W:730/350

発売日:2020年9月~
ついに「10nm」での大量生産に成功したのか、10nm・IceLake(第10世代Core)でほぼ発売出来なかった国内大手(下記)メーカーでも、多数の製品が発売されています。

新製品追加情報
1月13日(水):パナソニック「2021年春モデル」で、搭載開始
1月19日(火):NEC「2021年春モデル」で、搭載開始

第11世代Core搭載パソコン
Core i7搭載PC 紹介記事
Core i5搭載PC 紹介記事
Core i3搭載PC 紹介記事

<スタンダードノート>

LAVIE Direct N15(15.6型)
LAVIE Direct N14(14型)
icon icon
LIFEBOOK WA3/E3icon(15.6型DVDドライブあり)
LIFEBOOK WT1/E3icon(15.6型DVDドライブなし)

dynabook CZ/HPicon(15.6型・3色)
dynabook PZ/HPicon(15.6型・ブラック)

<モバイルノート>

LAVIE Direct PM(13.3型プレミアムモバイル)
icon icon
LIFEBOOK WU-X/E3icon(13.3型世界最軽量)
LIFEBOOK WU2/E3icon(13.3型軽量モバイル)
LIFEBOOK WC2/E3、WC1/E3 icon(13.3型デザインノート)

dynabook GZ/HPicon(13.3型プレミアムモバイル)

レッツノートSV1(12.1型高性能モバイル)

<マルチモードPC>

dynabook VZ/HP icon
(13.3型5in1プレミアム)

<液晶一体型PC>
icon icon
ESPRIMO WF1/E3 icon
(23.8型フルHD液晶)

②モバイルPC向け:UP4プロセッサ(TigerLake)
「絶対性能」よりも『省電力』を重視するCPU(7~15W)で、ファンレスPCでも高い基本性能を実現可能とします。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第11世代Core i7-1160G7 4コア8スレッド/2.1-4.4GHz/15W時:
第11世代Core i5-1130G7 4コア8スレッド/1.8-4.0GHz/15W時:
第11世代Core i3-1120G4 4コア8スレッド1.5-3.5GHz/15W時:
第11世代Core i3-1110G4 2コア4スレッド/2.5-3.9GHz/15W時:
第10世代Core i7-1060G7 4コア8スレッド/1.0-3.8GHz/9W:1500/440

発売日:2020年9月~
採用メーカー・製品は限られると思われますが、NECが発売です。

新製品追加情報
1月19日(火):NEC「2021年春モデル」で、搭載開始

第11世代Core搭載パソコン

LAVIE Direct N12(12.5型モバイル)


③高性能モバイルノート向け:TigerLake-H35
「省電力」よりも『絶対性能』を重視するCPU(28~35W)で、モバイルノート史上最速のシングルスレッド性能を謳います。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第11世代Core i7-11375H 4コア8スレッド/3.3-5.0GHz/35W時:
第11世代Core i7-11370H 4コア8スレッド/3.3-4.8GHz/35W時:
第11世代Core i5-11300H 4コア8スレッド/3.1-4.4GHz/35W時:

発売日:2021年Q1 Launched
1月11日(月)に正式発表され、3モデルともに『Launched』となっています。
VAIO株式会社が、H35搭載ノートを開発中です。

参照:VAIOがCore H35搭載ハイエンドノートの開発事実を認める



※以下のCPUは、正式発表前となり、非公式情報です。

④高性能ノート向け:TigerLake-H
ゲーミングノート向け(45W?)となり、『10nm・TigerLake』を採用し、『8コア』、最大動作クロック『5GHz』であることを、先行発表しています。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第11世代Core i9-11980HK(仮) 8コア16スレッド/x.x-5.0GHz/45W?:
第11世代Core i7-11750H(仮) 6コア12スレッド/x.x-x.xGHz/45W?:
第10世代Core i9-10980HK 8コア16スレッド/2.4-5.3GHz/45W:3750/505
第10世代Core i7-10750H 6コア12スレッド/2.6-5.0GHz/45W:2900/480


特徴:TDP35W版「TigerLake-H35」が登場?
持ち運べる『モバイルゲーミングノート』向けCPUとして、TDP35W版が新登場の模様。
性能は、Core i7-1165G7(28W設定)のさらに上が、想定できます。

発売日:2021年内
2021年1月に、『2021年内』にリリース予定であることを正式発表しています。

⑤デスクトップ向け『Rocket Lake-S』
『Core i5』以上は、製造プロセス:14nm世代、CPU:Cypress Cove、GPU:Xeアーキテクチャなどに刷新し、さらに高い性能を発揮します。
※『Core i3』は、第10世代Core(CometLake)を継承する模様。

CPU性能比較(Cinebench R20 マルチ/シングルスレッド)
第11世代Core i9-11900 8コア16スレッド/x.x-x.xGHz/65W:
第11世代Core i7-11700 8コア16スレッド/2.5-4.9GHz/65W:
第11世代Core i5-11400 6コア12スレッド/2.6-4.4GHz/65W:
第11世代Core i3-11100 4コア8スレッド/x.x-x.xGHz/65W:
第10世代Core i9-10900 10コア20スレッド/2.8-5.2GHz/65W:6300/530

特徴:約5年ぶりの刷新
新アーキテクチャ「Cypress Cove」となり、2015年から続いた「Skylakeベース」から、10%以上のIPC向上を実現。

内蔵グラフィックスも5年ぶりの刷新となり、最大50%性能向上予定。

発売日:2021年Q1発表
1月のCESで正式発表され、3月発売などの噂あり。 ※デスクトップPC向けの詳細発表は無かった模様(確認中)。