VAIOストア VAIO 

VAIO株式会社直販「VAIOストア」では、あなたとつくる、あなただけの「VAIOストアモデル」を販売しています。

2020年モデルとして、6コアCore i7モデルで最大約40%の性能向上を実現「VAIO SX14icon」、「VAIO SX12icon」が、発売されます。

2018年モデルとして、オールラウンダーPC「VAIO A12icon」が、発売されます。

VAIOストアモデル
紹介記事
icon icon
VAIO SX14 VJS1428 icon
(第10世代Core・14.0型大画面モバイルノート)
icon icon
VAIO SX12 VJS1228 icon
(第10世代Core・12.5型新スタンダードモバイル)
icon icon
VAIO A12 VJA1218 icon
(第8世代Core・12.5型オールラウンダーPC)
続きを読む

パナソニック レッツノート 

パナソニック直販「パナソニックストア」では、自分だけのオリジナルレッツノートが選べる「カスタマイズレッツノート」を、販売しています。

2020年春モデルでは、歴代最速を実現した12.1型モバイル「SV9」が、発売されます。
東京2020オリンピック・パラリンピック特別デザイン天板」モデルも、限定発売。

そして、「LV8」「SV9」「QV8」の新たなカスタマイズとして、バッテリー劣化を自動で検知して、新品に交換「バッテリーライフサイクルNAVI」が、登場します。

「プレミアムエディション」、「型落ちモデル」は、ページ後半で紹介しています。

レッツノート
紹介記事

レッツノートLV8
(第8世代Core・14.0型持ち歩ける大画面PC)

レッツノートSV9
(第10世代Core・12.1型高速ハイパフォーマンスPC)

レッツノートQV8
(第8世代Core・12.0型薄型コンパクト2in1モバイルPC)

レッツノートRZ8
(第8世代Core・10.1型軽量コンパクト2in1モバイルPC)
続きを読む

日本メーカー、インテル第10世代Core搭載パソコン 

国内大手メーカーの「インテル第10世代Core」搭載PCが、発売されます。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

主力PC向け『Uプロセッサー』
大手メーカー製PCの多くが搭載する主力「TDP15W」CPUで、『U』初の「6コアCPU」モデルや、上位「Iris Plusグラフィックス」内蔵「G7/G4」モデルが、新登場です。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
Core i7-10710U 6コア12スレッド/1.1-4.7GHz:約1070/180
Core i7-10510U 4コア8スレッド/1.8-4.9GHz:約760/190
Core i7-1065G7 4コア8スレッド/1.3-3.9GHz:約730/180
Core i5-10210U 4コア8スレッド/1.6-4.2GHz:約680/170
Core i5-1035G4 4コア8スレッド/1.1-3.7GHz:約640/170
Core i3-10110U 2コア4スレッド/2.1-4.1GHz:約405/170
Core i3-1005G1 2コア4スレッド/1.2-3.4GHz:約400/160
(2018年)Core i7-8565U 4コア8スレッド/1.8-4.6GHz:約630/175
(2013年)Core i7-4500U 2コア4スレッド/1.8-3.0GHz:約260/115

発売日:2019年Q3(7月~9月)
2019年5月に正式発表され、8月頃より搭載PCが発売となりますが、
国内大手(下記)では、CPU供給不足の影響からか、一部モデルのみとなっています。

※PC関連も、新型コロナの影響が深刻化していて、部品不足による供給不足と、テレワークによる緊急需要が重なり、買えない場合が多々あります。

第10世代Core搭載パソコン
Core i7搭載PC 紹介記事
Core i5搭載PC 紹介記事
Core i3搭載PC 紹介記事
<Dynabook>

dynabook PZ55/M(15.6型ノート)

dynabook GZ(13.3型モバイル)

<VAIO>
icon icon
VAIO SX14icon(14型ノート)
icon icon
VAIO SX12 VJS1221icon(12.5型ノート)

<パナソニック>

レッツノートSV9(12.1型ノート)

<NEC>

LAVIE Direct HA(一体形PC)

<富士通>
※2020年春では、未発売
続きを読む

日本メーカー、AMD第3世代Ryzen・Ryzen Mobile搭載パソコン 

国内大手メーカーの「AMD第3世代Ryzen」搭載PCが、発売されます(?)。
※ベンチマークスコアは、比較用の基準値となり、目安の一つです。

主力PC向け『Uプロセッサー』
大手メーカー製PCの多くが搭載する主力「TDP15W」CPUで、競合のインテルより先に「8コアCPU」を投入し、マルチコア性能で上回る見込みです。

CPU性能比較(Cinebench R15 マルチコア/シングルコア)
第3世代Ryzen7 4800U 8コア16スレッド/1.8-4.2GHz:
第3世代Ryzen7 4700U 8コア8スレッド/2.0-4.1GHz:
第3世代Ryzen5 4600U 6コア12スレッド/2.1-4.0GHz:
第3世代Ryzen5 4500U 6コア6スレッド/2.3-4.0GHz:
第3世代Ryzen3 4300U 4コア4スレッド/2.7-3.7GHz:
第2世代Ryzen7 3700U 4コア8スレッド/2.3-4.0GHz:630/140
Intel Core i7-10710U 6コア12スレッド/1.1-4.7GHz:1070/180

発売日:基本発売予定なし
国内大手(下記)は、AMDを全く採用しないメーカーが多く、基本関係ありません。
※各種記事を読む限り、第3世代Ryzenでも、採用メーカーは増えない模様。

なお、第2世代Ryzenの場合、1月のCESで発表→NECが『7月』に発表しています。
第3世代Ryzenも、1月のCESで発表なので、発売予定があるなら、夏頃?

※PC関連も、新型コロナウイルスの影響が深刻化しているため、未知数です。

第3世代Ryzen搭載パソコン
Ryzen7搭載PC 紹介記事
Ryzen5搭載PC 紹介記事
<NEC>

LAVIE Direct NS(R)
※『2020年春モデル』に、第2世代Ryzenを搭載。

<富士通>
icon icon
LIFEBOOK WAB/D3 icon
※『2019年10月モデル』に、初代Ryzenを搭載。

<Dynabook>
Dynabook 最新モデルパソコン
※『2020年春モデル』も、全製品インテルCPUを搭載。

<パナソニック>
パナソニック 最新モデルパソコン
※『2020年春モデル』も、全製品インテルCPUを搭載。

<VAIO>
VAIO 最新モデルパソコン icon
※『2020年モデル』も、全製品インテルCPUを搭載。
続きを読む

2020年春モデルパソコン 

パソコンの春モデルは、1月を中心に発表されています。
※メーカーごとの最新モデルは、各ページで紹介しています。

2020年春モデルPC NEC
2020年モデルPC 富士通
2020年春モデルPC Dynabook
2020年モデルPC ソニーストアVAIO
2020年モデルPC VAIOストア
2020年春モデルPC パナソニック

2020年モデルPC 日本HP
2020年モデルPC デル
2020年モデルPC ThinkPad
2020年モデルPC レノボ(Thinkシリーズ以外)
2020年モデルPC マイクロソフト

2020年春PC緊急動向:深刻化する新型コロナウイルスの影響
PC関連も、新型コロナの影響が深刻化していて、部品不足による供給不足と、テレワークによる緊急需要が重なり、買えない場合が多々あります。

※PCは、インテルCPU=海外生産など、絶対に国内部品だけで生産出来ないため、国内生産メーカー含め、当面深刻な状況が続きます。

春モデルPC:発表日
NEC  18年1月16日(火) 19年1月22日(火) 20年1月21日(火)
富士通  17年12月26日(火) 19年2月12日(火) 20年2月5日(水)
Dynabook 18年1月15日(月) 19年1月17日(木) 20年1月15日(水)
Panasonic 18年1月26日(木) 19年1月15日(火) 20年1月15日(水)
目安:春モデル=1月前後、夏モデル=5月前後・7月、秋冬モデル=10月前後
続きを読む